てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲 有馬から最高峰・唐櫃道

<<   作成日時 : 2013/10/14 15:24   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 9

都合でチョットお休みしていた山歩きを再開しました。手始めに、六甲で一番楽なコースで足馴らし。
よく知られたコースなので詳しい道順は省略。所要時間は、超スローなのでこれも省略です。^o^;;
画像
写真をクリックして頂くと、大きくなります。

平成25年10月12日 
神鉄・有馬温泉駅から、金の湯前を通って、紅葉谷への道を行きます。ロープウエィの駅から暫く登ると、炭屋道分岐。
画像

今日は、炭屋道を登り魚屋道を行きます。
段々を登って行くと、炭焼窯跡があります。
画像

結構急な登りです。
画像

やがて、魚屋道に出ました。
画像

魚屋道を行きます。
名号石です。魚屋道の名残でしょうか。
画像

魚屋道は、六甲の他の尾根道と同じく、樹木が繁っていて、時々しか、眺望はありません。
少し行くと、湯槽谷山が見えます。
画像

暫く、登って行くと、下に堰堤と谷間が見えます。
画像

程よい勾配の道を登って行きます。でも、単調でつまらない・・・^o^;
画像

木々の隙間から、中継所のアンテナが見えると、水平道になります。
画像
画像

やがて、石畳の道になり、一軒茶屋が目の前のドライブ・ウェイに出ます。
コンクリートの坂を登って行くと、自衛隊の通信中継所があります。
画像


最高峰の標柱です。
画像

三角点です。
画像
一等三角点で点名は「六甲山」931.25m。
標石は、殆ど土に埋まって角が取れて・・・
もうちょっと大事にしてほしいです。

六甲山一等三角点は、明治19年に三角点の標石が設置されました。
その後、戦時中は旧陸軍の高射砲陣地に、戦後は米軍施設になったので、平成4年(1992)米軍から返還されるまで約半世紀の間、立入禁止でした。一等三角点に触れる事が出来る様になったのは、それ以降の事です。
その為か、昭和45年の国土地理院地図には、三角点・標高の表示はありません。

そして、平成7年の阪神淡路大震災前の標高は、931.13mでしたが、震災後の改測で931.25mになりました。12cm隆起した事になります。^_^
因みに、戦前の標高ですが、「近畿の山と谷(昭和16年改訂版)」によると、932.1mとなっています。

突然、平成2年2月頃の最高峰の写真です。^O^;;
画像
脱線しちゃいました。^O^;;


秋風に、ススキが揺れています。
画像
画像

給水とクリームパン休憩・・・^_^

南に少し下がった所にある、日本スピンドル山岳部さんが昭和42年に設置されたケルンです。
画像
標高931.13mの銘板がネジ止めされています。前の標高は何米だったのか・・・
このケルンは、米軍施設の境に設置されたので、多分、931.13mよりは低かったのではないかと思いますが・・・
或は、戦前の標高だったかも・・・


休憩所のある分岐から西へ、全山縦走コースを下って行きます。
画像

段々の石の中に、カタカナが刻まれた石がありました。
画像

ドライブ・ウエィに出た所からの最高峰です。
画像

ドライブウエィに沿ったり、横断したりしながら極楽茶屋跡に向かいます。
マムシグサの実です。
画像

石段の登りです。極楽茶屋跡まで、石段の登り下りが、6〜7回あったとおもいます。
画像

登山道脇に標石があります。
画像
本庄山と読めます。左面は文字か記号か・・・判読不能です。^o^;
この辺りは、旧本荘9ケ村の共有林だったそうで、本庄山と呼ばれていたそうです。

赤い小粒な実が・・・
画像
オトコヨウゾメ(コソネ)と思います。

又、捩れ登る段々。^o^
画像

極楽茶屋跡の分岐に来ました。
画像
凌雲台(ガーデンテラス)へ向かいます。

NTTやNHKの電波塔です。
画像

足もとに草花。
画像
ヨメナとノコンギクはよく似てますが・・・
これは、ヨメナと思います。

凌雲台に来ました。
ガーデンテラスには、食事のお店が色々ありますが・・・パス^o^;
六甲枝垂れと、電波塔群です。
画像

山道を下ると、みよし観音です。
画像
右側がゴチャゴチャしてるので避けたら、変な写真になっちゃいました。^o^;

神戸ゴルフ倶楽部の横を行きます。はじめは片側だけの網でしたが、やがて、鳥籠の道に・・・^o^
画像

ゴルフ場を過ぎると、登六庵があります。
画像

道脇に、「六甲大通り」の説明板。
画像

六甲山小学校前を行きます。
画像


記念碑台に来ました。
グルーム氏の胸像です。
画像

三角点です。
画像
四等三角点で点名は「記念碑台」標高796.04m。

給水とカツサンド休憩・・・^_^

ドライブウェイを行くと前ケ辻です。
南に下る道が前ケ辻道(アイスロード)、北への舗装道が唐櫃道(シュラインロード)です。
唐櫃道入口の両側に鳥居があります。
西側は、白鬚稲荷大善神・白菊大善神、東側が、六甲阪神稲荷です。

六甲阪神稲荷に行って見ました。
途中に、開発記念碑があります。
画像

阪神六甲稲荷です。
画像


唐櫃道を下ります。この道は、何度も記事にしていますので、ごく簡単に・・・^_^;
画像

舗装道が終わり、別荘地帯を抜けると地道になります。
画像

暫く行くと行者堂です。
画像

ここから、少し急な下りになります。
下って行くと、笹の中に三角点への道がありますが、今回はパス。
どんどん下って行きます。
曲がり角にも祠があります。
画像

やがて、裏六甲道路で、唐櫃道(シュライン・ロード)終りです。

道路を少し下ると、九体仏があります。
画像
九体仏前が切り払われて、全体が見える様になっていました。

裏六甲道路を下り六甲有料道路に出ました。
道路沿いの歩道を少し行き、歩道がなくなった所を左の山道に入ります。
すぐの分かれ道を左へ行くと、少し広い道に出ます。右へ行き舗装道路に出て、少し下ると「からと西入口」交差点です。

右に横断して、唐櫃の里に入ります。
画像

道端に石碑があります。
画像
かすかに、左・・・と読めるので道しるべだと思います。

暫く下ると、火の見櫓があり、下に三角点があります。
画像
三等三角点で点名は「新林」標高359.45mです。

暫く、行くと神鉄六甲駅。
「てくてく」終わりです。
画像


コース・タイム
神鉄・有馬温泉駅9:00☛ロープ・ウェイ有馬温泉駅☛炭屋道分岐☛魚屋道・住屋道分岐☛六甲・最高峰☛極楽茶屋☛凌雲台(ガーデン・テラス)☛記念碑台☛唐櫃道(シュライン・ロード)分岐☛唐櫃道(シュライン・ロード)起・終点 ☛からと西入口交差点☛神鉄六甲駅15:40

てくてく距離  約16.6Km
コース図です。地図は「山っぷ」を使用しました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
六甲山の天狗のようなてくてくさん。いつも読ませていただいています。街歩きから山歩きになりましたね。実は昨日、友達と「五色塚古墳」へ寄った後、山陽電鉄に乗り須磨浦公園で降りロープウェイで鉢伏山にいき昼食。旗振山から一の谷を通り、海釣り公園で休憩。そのあと2時間かけて帰宅しました。逆落しの道は急斜面。
以前、魚屋道や徳川道を通ったことがあります。大阪南部から往復4時間もかかりますから行動半径は短いです。てくてくさんのブログを読ませていただき説明が緻密ですから行った気分になっています。(^-^)
のぶちやん
2013/10/14 16:47
のぶちゃんさん
いつも有難うございます。
六甲の天狗の様に仰って頂き恐縮です。でも、天狗は天狗でも、張子の天狗・・・

五色塚・鉢伏山など歩かれた由、お天気で何よりでした。

阪南方面からだと、六甲はちょっと遠いですね。でも、結構色々なコースがあって楽しいので、時々は、お出かけください。

A型のしつこい記事ですが、宜しくお願いします。
                  てくてく
てくてく
2013/10/14 20:50
秋も深まりました。
西国街道は一旦お休みして、近場六甲で足慣らしですね
地元なのに、最近六甲を歩いていません。
人様のブログで六甲を楽しんでいます

さすが、詳しいてくてくさま。
見逃しがちな石標や三角点を配していて、一味違います。
九体仏なんて初めて見ました。
以前は隠れていたんですね。
これから、あまり知られていない探索もされるんでしょうか?
楽しみにしています。
アルクノ
2013/10/17 17:08
今回は、有馬から炭屋道〜魚屋道ですか。
炭屋道って、まだ歩いた事がないんです。ちょっと覗いた感じでは、急な感じがありましたが、やっぱり、そうなんですね。
魚屋道も、下りばかりで登った事がないんです。
登りの時は、又、景色が違いますね。

何処まで歩くのかなぁ…と思っていたら、かなり歩いてらっしゃるじゃないですか。
又、刺激されちゃいました。(^^ゞ

平成2年2月頃の最高峰の写真、感激しました。
ボクの保存版としてコピーさせて頂いてもよろしいでしょうか?
決して、他所では用いませんので。

このケルンの位置が、いつも良く解らなくて…
南に少し下がった所ですか…
次回、探してみます。(^^ゞ

マムシグサって、どの辺りにあるんですか?
結実する前の、マムシの姿を一度見てみたいんです。(^^ゞ

本庄村やったんですか…
それで、本庄橋跡なんですね。
全然知りませんでした。(^^ゞ

神戸ゴルフ倶楽部も、片側だけの網やったなんて…
さすが、てくてくさん。
このカレー屋さんって、食べに入った事ってあります?
美味しいと評判らしいのですが…

シュラインロードも歩かなきゃと思っています。

六甲を歩いていても、知らない事ばかりです。
今回、メチャメチャ勉強になりました。
ありがとうございました。
yoppy702
2013/10/17 21:33
このなんのヘンテツもない石
三角点というのですか
地震で12cm隆起したり 戦争という
歴史の中でも立ち入り禁止になったり
してたのですね。
そうして見ると灌漑深いものがあります。

怖ろしいほどの電波塔ですね
鳥かごのような道オモシロイですね。
てくてくさんの撮られる写真の
ところどころに
深まる秋が写っていて なんだか
あの暑さが嘘のような気持ちもします。
(もうあっという間に冬ですね〜)
てくてくさん風邪ひかれませんように
お疲れ様でした
asakun
2013/10/17 22:28
アルクノさま
いつも有難うございます。遅くなって済みません。

西国街道は、目下、西方面のルート確定作業中で、中断です。もともと、山ヤなんで、山に行かないと調子が悪くって・・・

歩くのが、超ゆっくりなんで、色々な物が目につき、困っています。あんまり、山でウロチョロするのは、困るんですが・・・

九体仏、雑木が切り払われて、裏六甲道路から見える様になっていました。機会がありましたら、一度ご覧になってください。

まだまだ歩けそうなんで、野次馬根性まるだしで頑張ります。宜しくお願いします。
                  てくてく
てくてき
2013/10/19 13:49
yoppyさん
いつも有難うございます。遅くなって済みません。

はい、今回は初心者コースですが、最初に、だらけていた体に喝をいれなくっちゃ・・・と、短いですが急な炭屋道から入りました。^o^;

魚屋道、下りはスピードが乗って、アッという間に有馬温泉で、あまり景色は見れませんね。
登りだと見れますが、此れと言って目を引く景色はありませんけど・・・

距離は出てますが、のんびりコースなんで、キョロキョロしてないと退屈で。ヤッパ、山は、雪よ岩よ・・・でないと

最高峰の写真、大した写真ではありませんが、お役に立つのなら、ご自由にお使いください。写真も有難うと喜びます。

日本スピンドルさんのケルン、舗装道の方ではなくて、ススキの間の道を一段下りると、左側(東)の踏み跡を入るとすぐです。ご覧いただいて、日本でありながら、山頂にケルンを立てる事が出来なかった、先人の想いを感じとってあげて下さい。

マムシグサ、ちょっと湿った明るい林や谷沿いに、普通にはえています。葉っぱも花も特徴のある形なんで、春、気をつけていれば、すぐ判ります。

昭和25年まで、本庄村はあったそうです。今は、神戸市と芦屋市に併合されていますが。山の中にも、昔の地名が残っているんですね。^_^

ゴルフ場の道、昔からこんなだったんですかねぇ???
                   つづく
てくてく
2013/10/19 15:51
yoppyさん、つづきです。^_^

登六庵さんのカレー、食べた事はありません。お店の中は、なんか、すごいって、話には聞きますが・・・

シュラインロード、33体+4体の石仏さま、見て歩くとチョット時間がかかります。あまり人は多くなく、のんびりと楽しめる道です。機会がありましたら歩いて見て下さい。

参考になれば嬉しいんですが・・・大した知識ではないので・・・
                  てくてく
てくてく
2013/10/19 15:53
asakunさん
いつも有難うございます。遅くなって済みません。

はい、ごく普通の石柱ですが、国土地理院が設置したもので、経緯度・標高の基準となる地点にある重要なものなんです。^_^
三角点ハンターなんて人もいらっしゃいますよ。
六甲山の三角点は、珍しい経歴の持ち主で、大事にして欲しいんですが・・・

六甲山は、沢山ありますね。電波塔銀座・・・かも

夏から晩秋へ・・・みたいに、一気に寒くなりましたね。風邪に気をつけて頑張ります。
ところで、蚊の方はいまだ健在なんですか?
困ったもんですねえ・・・
                  てくてく

てくてく
2013/10/19 16:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲 有馬から最高峰・唐櫃道 てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる