てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 伏見・桃山うおーく

<<   作成日時 : 2016/12/26 20:45   >>

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 6

山の会・うおーく部門、今年最後の例会は「伏見の酒蔵・寺田屋」って云うんで、アチコチの酒蔵で試飲ができると早合点して参加しましたがぁ〜^O^::
試飲は月桂冠さんだけ。結構、歩かせてくれました。ヤッパ山の会、そんなに甘くはありません。
画像



平成28年12月24日  
スタートは、京阪・中書島駅北口。
駅前広場に、高さ2m余りの「道しるべ」があります。
正面 (南面)です。
画像

東面 東 十五丁 乃木神社
西面 北 寺田屋 三丁
       大黒寺 七丁
北面 昭和三年秋 稟京都三宅安兵衛遺志建之

長建寺山門です。
画像

エッ、パスちゃうの・・・^_^::
因みに、長建寺さんのご本尊は、弁財天さま。建立は元禄年間(1,600年頃)。
現世利益のお寺で「島の弁天さん」と親しまれているそうです。

辻にお地蔵さん。
画像


十石舟は冬休み。
画像


又、辻にお地蔵さん。
画像

お地蔵さん、多いですねぇ。そう云えば、以前、五条から伏見経由で大山崎まで歩いた時、伏見に入ると辻々にお地蔵さんがお祀りしてありましたねぇ。


オッ、杉玉・・・
画像


月桂冠大倉記念館さんです。
画像

明治42年(1909年)の建造だそうです。

記念館見学です。内部撮影は、ストロボ発光しなければO.Kなんですが、手ぶればっか ^O^::
井戸と内蔵酒造場です。
画像

きき酒をして、チョコットお買い物をして次へ。

「伏見夢百衆」。月桂冠さんの旧本社で、今は伏見土産販売処。
画像


寺田屋騒動・坂本龍馬でお馴染の寺田屋さんです。
画像

画像


東側、旧寺田屋跡地の道路沿いに、珍しい椿が植えられています。
その中に、葉っぱがこんなのが・・・
画像

金魚椿だそうです。

道を隔てて、濠川沿いの寺田屋さん駐車場片隅に、こんな石柱が・・・
画像




次は・・・
ハイ、黄桜さんです。^_^
画像

この樽、満タンにしてひと樽欲しいなぁ〜

エッ、見学もきき酒もしないんだって。
・・・で自前で、有料きき酒


中庭にカッパちゃん。
画像

画像


黄桜さんから、大手筋商店街の方へ。
エッ、もう酒蔵行かないの・・・


大手筋商店街を東に抜けて行くと、赤い大鳥居が・・・
画像


やがて御香宮表門です。
画像

伏見城の大手門を移築したもので、国指定重要文化財だそうです。

表門から境内の鳥居。
画像

真中下、激写中の人物、当会の最長老で、来年、白寿の名誉顧問です。^O^

拝殿遠望・・・
画像


奉納石標です。
画像


ゆっくり見たいんですが・・・
置いてかれちゃいました。

拝殿の上部と内部。
画像

画像


ご由緒は、神社HPによると・・・
「創建年は不詳。日本第一安産守護之大神として広く崇められている。
神功皇后を主祭神として仲哀天皇応神天皇他六柱の神を祭る。
初めは、『御諸神社』と称したが、約1150年前の平安時代貞観4年(862年)9月9日に、この境内から「香」の良い水が涌き出たので、 清和天皇より、その奇端によって『御香宮』の名を賜った。
豊臣秀吉は天正18年(1590年)、願文と太刀(重要文化財)を献じてその成功を祈り、 やがて伏見築城に際して、城内に鬼門除けの神として勧請し社領三百石を献じた。
その後、徳川家康は慶長10年(1605年)に元の地に本殿を造営し社領三百石を献じた。 慶応4年(1868年)正月、伏見鳥羽の戦には伏見奉行所に幕軍が據り、当社は官軍(薩摩藩)の屯所となったが幸いにして戦火は免れた。 10月の神幸祭は、伏見九郷の総鎮守の祭礼とされ、古来『伏見祭』と称せられ今も洛南随一の大祭として聞こえている。」だそうです。

本殿左側の御香水。
画像

画像

説明板は、クリックすると大きくなります。


神馬くん。
画像


絵馬堂です。
画像


絵馬を大急ぎでパチパチ。
文化15年(1818年)の絵馬です。
画像


宝暦6年(1756年)の絵馬です。
画像



まだまだ、見たいもの沢山あるんですが、みんなの姿見えなくなっちゃいました。慌てて後を追います。


桃山御陵へ向かってる様で・・・
追っかける途中、撮り鉄。
画像


お化粧したお地蔵さん。
画像




御陵参道入口に来ました。
画像


木立の中、長い長い参道の途中に・・・
画像

伏見城石垣に使用されていたと思われる石材だそうです。


明治天皇陵、伏見桃山陵(フシミノモモヤマノミササギ)です。
画像


御陵のアップ。
画像


少し、東に下ると・・・
昭憲皇太后陵、伏見桃山東陵(フシミノモモヤマノヒガシノミササギ)です。
画像


御陵のアップ。
画像




参道を戻ります。
途中、桓武天皇御陵への参道に入ります。
画像


暫く行くと、伏見桃山運動公園への道路と交差します。公園内に伏見桃山城があるので見に行く事に・・・

城門です。
画像


お城です。
画像


アッ、このお城は豊臣・徳川築城の「伏見城」ではなく、昭和39年に株式会社 桃山城(近畿日本鉄道株式会社のグループ会社)が建造したものです。
京都市体育協会さんのHPによりますと・・・
「伏見桃山城運動公園には天守閣を有するお城がありますが、これは豊臣秀吉・徳川家康の「伏見城」とは全く別のものです。
運動公園のお城は、昭和39年に開園した遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」の目玉施設として建築された模造天守です。キャッスルランドは平成15年1月に閉園となり、その際、お城も取り壊される予定でしたが、存続を求める市民の皆様の要望により、伏見のシンボルとして運動公園に引き継がれ、現在では映画やドラマの撮影等にも活用されています。」だそうです。

違った角度から・・・
画像


チョット大きく・・・
画像


本丸です。
画像


城門の紋です。
画像

豊臣の紋は、五七桐ですが、この紋は五三桐ですねぇ。^O^

歌碑と説明です。
画像

画像



桓武天皇陵参道に戻って御陵へ。

桓武天皇陵、柏原陵(カシワバラノミササギ)です。
画像


アップです。
画像


これで、「うおーく」の行程は終わりだそうで。
西へ・・・
京阪・丹波橋駅に向かいます。



今日の収穫 ^_^
画像

エッ、「大吟醸、小さいなあ〜」だって・・・
ハイ、そうなんです。日持ち2週間のしぼりたて生原酒で、結構高くって、ボンビーてくてくには、これがやっと・・・

おしまい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
楽しく拝読しました。
この辺り、伏見桃山周辺って歩いたことがありません。
月桂冠に黄桜…とくれば、利き酒は外せないですよね。(^^)
御香宮、複数の天皇陵、伏見桃山の模造のお城など、見所がたくさんで、いずれまた訪ねてみたいと思います。
しぼりたての生原酒、お味はいかが?
聞く方が野暮でした〜。
トンキチ
2016/12/27 19:52
トンキチさん
いつも有難うございます。
ハイ、今回は主だった所だけですが、他にも色々、史跡などあります。是非、一度お出かけください。
そうですねぇ。蔵元、もっとあるんで、もう少し試飲したかったんですが・・・^O^::
しぼりたて、爽やかで、のど越しバッグンでしたが、山ノ神が半分近く・・・
                                 てくてく
てくてく
2016/12/27 21:44
月桂冠大倉記念館さんの杉玉、二階に上げていますね。
覆いがありますが、風雨でボロボロになりそうです。
目立つので、宣伝効果大ではあります。

金魚椿、初めて見ました。
金魚葉椿が正式名でしょうか。
園芸品種だそうで、歴史は古く、なんでも江戸時代まで遡るとか。
園芸が盛んだった江戸時代、植木屋の増田金太と言う人が、斑入りのものや変わった花の色、葉の形など“奇品”とされる植物を集め育てていたとあります。

有料きき酒なんてあるんですか!
購入という事でしょうか?
「中庭にカッパちゃん」
後ろ姿が妙に色っぽいです^^)

名水百選の「御香水」は試飲しましたか^^。
涸れてしまったものが復元とは珍しいですね。

建築された模造天守、立派です。
地元の方が存続を願う気持ち、良く分かります。

「日持ち2週間のしぼりたて生原酒」もうなくなりましたか?
試飲してみたいです^^)

お疲れ様でした。
今年ラストの記事でしょうか。
アルクノへ1年間、お立ち寄り頂きありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
来年も宜しくお願い致します。
アルクノ
2016/12/27 22:28
アルクノさま
いつも有難うございます。
月桂冠さんの杉玉、ホント高い所にありますねぇ。風通しがよくって、杉玉も大変ですが、そろそろ交代の時季で。1年間ご苦労様です。^_^
金魚椿、初めて見ました・・・ってよりは、初めて気が付きました。^O^:
増田金太さんが、育てたんでですか。
花はなかったんですが、花弁も金魚の尾ひれみたいなんですかねぇ。
ハイ、平たく言えば、お燗して販売してるのを・・・^O^
アッ、最近は有料の試飲が多い様です。試飲だけして、買わない人ばかりのせいでしょうかねぇ。

伏見桃山城、本物で通用しそうな造りですね。よく残されたましたねぇ。
御香水、云われてみれば、香りがするような・・・おいしい水でした。

ハイ、生原酒、その日の晩酌でなくなりました。爽やかでのど越し良くて、いくらでも飲めそうな・・・

こちらこそ、一年間、有難うございました。
よいお年をお迎えください。
来年も宜しくお願い致します。
                               てくてく
てくてく
2016/12/28 16:27
ん?
山の会の例会なんですかぁ…
縦にして読んでも、横にして読んでも、いつもの、てくてくさんの散策のような感じです。(^^)
神社仏閣あり、お地蔵様あり、電車あり、お酒ありで、いつもの、てくてくパターンです。
ひょっとして、てくてくさんが計画されたんじゃないですか。(^^)
でも、読んでいて、さすが、よく歩かれてるなぁとビックリ。
伏見の辺りは、以前、てくてくさんの影響で、酒蔵辺りを回った事がありますが、その時に、この辺りの観光マップを見ていたので、これだけ広範囲に歩かれてるのは、さすが、山の会やと思いました。

今日の収穫、左は、入館のオマケ分ですね。(^^)
この容器、未だ、置いてるんです。
しぼりたて生原酒ですか…
ヨダレが零れそう。(^^ゞ
ボクは、月桂冠のレトロボトルを買って帰りました。

黄桜では、わざわざ、有料で利き酒。
その上、樽を満タンにして、一つ欲しいって。
さすが、てくてくさん。(^^)
資料館の方では、懐かしのCMが見れたり、絵が飾ってあったり楽しかったです。
それに、面白かったのが、カッパの豊富な資料。
感心しました。

これだけ、いつもの、てくてくにっきのレポをやってたら、そりゃー置いていかれますね。(^^)
以前に行った時は、お城や御陵に行けなかったので、とっても参考になりました。
又、これの影響で行ってこよっと。(^^ゞ
お疲れ様でした。(^^)
yoppy702
2016/12/28 16:33
yoppyさん
いつも有難うございます。
ハイ、てくてくの所属する山の会には、山登り部門と、丘や平地を歩く、うおーく部門とあって、うおーくの方は山登りを卒業???(山登りがしんどくなった・・・^O^)した会員を対象にしています。迷惑を掛けなければ、どちらにでも参加できます。
・・・で、うおーくは、てくてくパターンにピッタシで。
ですが、結構、距離も長く、歩く速度も速いんで、置いてかれてばっかり。^O^::

仰る通り、左のはオマケでして。容器、山登りや平地歩きに、チョコット冷酒入れて、活用する予定です。^O^
生原酒、うまかったですよ。季節限定なんですかね??レトロボトルもいいですねぇ。

黄桜さんでも各種きき酒したかったんですが。こんど、ゆっくり資料館見学ときき酒しに行きます。

ハイ、もうバタバタと忙しくって・・・
お城や御陵の方、静かでいい所です。是非、お出かけください。お城、桜の頃がよさそうで・・・^_^
                                 てくてく
てくてく
2016/12/28 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
伏見・桃山うおーく てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる