てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士遠望

<<   作成日時 : 2017/02/21 09:33   >>

ナイス ブログ気持玉 92 / トラックバック 0 / コメント 10

富士山が見えたので、バチャバチャ撮っちゃいました。^O^
画像

富士の写真は、全部、クリックすると大きくなります。



平成29年2月21日記   
暗雲の彼方に、富士山と愛鷹山(アシタカヤマ)が見えます。
画像


チョコット大きく。
画像


しつこく、もっと大きく。^O^::
画像

暗雲があっても絵になりますねぇ。^_^


愛鷹山を少しアップ。
画像

山々と市街の間に、細く白く見えるのは、駿河湾かな???


だんだん、暮れてきました。
画像


例によって、少し大きく。
画像


もっと大きく・・・
画像



愛鷹山も暮れてゆきます。
画像


更に暮れて・・・
画像

画像

そろそろ、手持ち撮影の限界ですねぇ。^O^::

もうひと踏ん張り。粒子が荒れてきました。
画像



夜景です。
画像




朝6時16分。快晴。
日の出前の富士。
画像


黎明の富士。
画像

画像


黎明の愛鷹山方面遠望。
画像


だんだん、明るくなって来ました。
画像


少し大きく。
画像


もうチョット・・・^O^
画像


北に、遠く白銀の峰々。
画像

南アルプスの聖・赤石・笊のような気がするんですが・・・


新幹線が停車中。
画像


もう、1本入って来ます
画像




だいぶ、明るくなりました。
画像


少し大きく。^_^
画像


アップです。^O^
画像



完全に明けちゃいました。^O^
画像


コマ送りで、ズーム・アップ。
画像

画像

画像

画像



トリは、暁のパノラマ。^_^
画像


おしまい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 92
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

箱根の山もくっきりですね
寒いのは嫌いだけど
冬の景色は大好きです
無門
2017/02/21 17:31
無門さん
いつも有難うございます。
ハイ、無風快晴で、きれいに撮れました。
冬景色、見るのは好きですけど、雪山に入るのは、この頃、億劫ですねぇ。
                                  てくてく
てくてく
2017/02/21 19:42
あー…
やっぱり、富士山が見えたんや。
イイ感じに撮れてる。

暗雲の彼方の富士山…
手前のビル群越に見てるので、までSF映画の様です。
時間帯が、夕方近くですか?
暮れてきて、山肌が赤っぽくなってきてるのがイイですね。
アップにされてるから、とても迫力があります。
そして、夜に…
ん?夜景?
「朝6時16分。快晴。 日の出前の富士。」?

てくてくさん、泊まってたんや。
この富士山って、ホテルの部屋からですか?
二枚目の写真が、何処の高台から撮影したんやろ?って思ってたんですが…
夜明け前から撮り始めて、夜が明けるまで撮ってるなんてスゴイ。(^^)
以前、富士山初日の出ツアーに行ってましたから、夜明け前から明けるまで、富士見てた事があります。
徐々に赤味を帯びてくるのが好きです。(^^ゞ
青空にデーンとしてる富士山はカッコイイけど、夜明け前後、日暮前後は感動がありますね。
最後の、暁のパノラマ、ナイスです。
yoppy702
2017/02/21 21:01
yoppyさん
いつも有難うございます。
ハイ、運よくお目にかかれました。^_^
夕方、5時過ぎてましたので、赤みがかって、いい感じでした。
ただ、コンデジなんで、粒子が荒くなって・・・と言って、K-1に超望遠ってわけにもゆかないんで。

ハイ、静岡にお泊りです。^O^
富士の見える部屋なんて、とてもとても。自販機のおいてある、狭いスペースからです。なので、時間をおいて、部屋から出張です。

そうですね。徐々に色が変わって行くの、感動的ですね。
青空に富士もいいですけど、ヤッパ、色の変化や、雲があると、一層引き立つように思います。
有難うございます。頑張った甲斐があります。
                                てくてく
てくてく
2017/02/22 14:32
外で撮ったのかと思ったら2枚目で俯瞰しているので、ホテルからだと分りました。
良い場所に泊ったんですね。
20階位の高さでしょうか。
と思ったら、部屋からカメラを持って出張でしたか^^)

雪もいい具合にかかっているのでダイナミックです。
富士をこんな風に見た事が無いので、私としてもラッキーな記事でした。

「おしまい」とありますが、
二日目の観光に続く・・でしょうか?
アルクノ
2017/02/23 17:04
アルクノさま
いつも有難うございます。
イエイエ、ボンビーてくてくですから、いい所には・・・
ハイ、雲も雪もいい塩梅に、なってまして。てくてくもホントラッキーでした。
アッ、2日目は、ばっちり所用がありまして・・・ホントのおしまいです。^O^
                                てくてく
てくてく
2017/02/23 20:21
アーッ、富士山、いいなー!
しかも、オンパレードですねぇ。
暗雲立ち込めても、絵になる富士山は素晴らしい山です!
静岡駅前のホテルからですか。
どこか知りませんが、いいロケーションで最高でしたね!
富士山には富士宮口から2回登りました。
しんどかったです。
でも、もう1回登りたいんですけどねぇ…。
こんな絵を見ると、富士山を見に行きたくなりました。(^^)
トンキチ
2017/02/23 22:26
トンキチさん
いつも有難うございます。
ハイ、たまたまですが、見えたので、沢山撮っちゃいました。^O^
富士宮口からですか。てくてくも、登った事ありますが、結構、しんどいですねぇ。
アッ、河口湖から富士山有利用道路(富士スバルライン)で、冨士スバルライン五合目まで車で行っちゃうと、少しは楽かも。自分の車で行と行動が制約されますけど。^_^
                                  てくてく
てくてく
2017/02/23 23:43
てくてくさんが富士山をご覧になったのは21日〜22日にかけて。
私が見ていたのは18日〜19日。
数日のズレはありますが、ほぼ同じような頃に見ていたのですね。
お写真を拝見すると宝永火山が向かって右側に見られますが、私は山梨県側からだったので左側に見ていました。
富士山を見ると「日本人」であることをあらためて実感するし、そして、こんなに美しい国に生まれたことを誇りに思いますね。

駿府城って、白いイメージの、とても綺麗なお城なのですね。
「東照公御遺訓」のお写真をスマホで撮らせていただきました。

訪問が今ごろになってしまい、すみません
みなさんへの訪問がダダ遅れのため、今から訪問行脚を始めている次第です(^^;)
テンプル
2017/02/27 12:47
テンプルさん
いつも有難うございます。
そうですね。静岡と河口湖は、冨士を挟んで向かい合ってますね。そして、どこから見ても、冨士はいいですね。^_^

駿府城、復元した櫓が2棟しかないんで、チョット、寂しいんですが、櫓や御門の形がよくって、いいですね。
遺訓、コピーして頂いていいです。^_^
コメントが多くって、大変ですねぇ。^_^
遅れは気にしないで、頑張ってください。
                                 てくてく
てくてく
2017/02/28 17:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士遠望 てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる