てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 続 小野市史跡散歩 (その5)

<<   作成日時 : 2017/04/24 23:29   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 6

小野市史跡散歩 (その5)は、神鉄・小野駅の西側、大島・片山・下来住町周辺です。
画像



平成29年4月22日 
大島・片山両町周辺の地図です。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

神鉄・小野駅の西側から出発。
広い道路の右側を南西に行きます。大島町交差点の北西にある大島の大歳神社(地図・赤いマーク)へ。
大歳神社です。
画像


タンボに・・・
画像

画像



大歳神社から、北西側にある、片山町の観音堂へ。
観音堂前です。
画像


段々の途中に石標。
画像
この石標、なんでしょうねぇ???側面に「兵庫縣・・・」と刻まれているんですが・・・

観音堂です。
画像


観音堂の右側に・・・
画像


左側の石碑アップです。
画像
ハイ、これがお目当てでして・・・^O^
石棺の蓋なんです。


県道81号を南に下り、県道349の交差点を右折。
すぐ、大住橋です。
画像

画像
上の算盤玉1986、下の算盤玉204.8。
1986は大住橋架橋の年で、204.8は橋長だそうです。^_^

橋の上から上流です。
画像


堤防に立札。読みにくいですが、「加古川右岸 20.0Km」です。河口から20.0Kmだと思います。
画像



渡って、右岸から150mほど行くと十字路です。
画像

横断歩道の右側に見える石標が、来住村道路元標です。

アップです。
画像


直進すると、JR小野町駅です。
画像


来住の案内板です。
画像
クリックすると大きくなります。
∴印のいくつかは、史蹟確認ができませんでした。

下来住の地図です。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
赤いマークは無視して下さい。

小野町駅南側踏切を渡って、すぐの十字路を右に行くと、菜の花と葉桜?
画像


その少し先、駐車場??へ入る道に石仏さま。
画像


アップ。
画像


左端の大きな石仏さま、実は、道しるべでもあるんです。
画像



十字路に戻っ西へ200mほど行った十字路に、謎の石柱。
画像


十字路を左に行くと・・・
画像


あぜ道の様な道を行き、段々を登るとお堂が。
画像
エッ、これが常光寺さん???

周辺を探索しましたが、山寄公民館と鍬渓神社社務所があるだけ。
ヤッパ、あのお堂が常光寺さんですね。
山寄公民館前から・・・
画像


鐘楼です。
画像


霊場巡りがあります。
一番の霊山寺。
画像


修行大師像と思います。
画像


霊場巡りの道です。
画像



謎の石柱の十字路に戻って、東南に約500m、塩の井です。
画像


八重桜満開。
画像


説明です。
画像


柵の隙間から塩の井源泉を。
画像


塩の井は、鍬渓温泉とも云われます。
画像


道路に、往時の案内標識。
画像


道路からの鍬渓温泉。
画像
2010年頃、廃業されたようで、左側に見える湯治施設は、廃屋になっていました。
ただ、小野市が、2016年度に整備費費用の予算を計上したようで、復活が楽しみです。



南へすぐ、鍬渓神社鳥居です。
画像


石燈籠の参道を登って行きます。
画像

画像


途中、やぶの中に気になる段々。
画像
ゴソゴソと入ってみましたが???でした。

二の鳥居??です。
画像

画像


鳥居をくぐると手洗鉢。
画像


石段を登り拝殿前へ。
画像


拝殿内の扁額。
画像
ご祭神は、素嗚盞尊・足摩乳命・手摩乳命・奇稲田姫命だそうです。

境内右側に段々と鳥居。
画像


大歳神社です。
画像


拝殿に額が・・・
画像
「碧巌録」の「泥佛不渡水 神光照天地 立雪如未休 何人不雕偽・・・」からで、「神光」は中国禅宗の第二祖・慧可で、「慧可が初祖達磨の法を嗣いだお陰で禅が栄え、その徳が世界中を明るく照らしている」という意味だそうです。難しい・・・


拝殿前からの眺め。
画像


広場に下りて左側に・・・
画像

画像


満開の八重桜や山吹を眺めながらお昼です。^_^
画像

画像


つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大住橋の、上の算盤玉1986、下の算盤玉204.8の意味、そうだったんですか!
知りませんでした。
大住橋を渡って小野アルプスへ、
何度も行きましたが^^;
ここは河口から20.0Kmですか。
この3km上流に粟田橋があって、おの桜づつみ回廊が続くんですね。

召し上がった事あると思いますが、JR小野町駅の蕎麦が美味しかったです。
「十字路に戻っ(て)西へ200mほど行った十字路に、謎の石柱」
何でしょう?
撤去しないってことは、意味があるんでしょうね。
気になります。

常光寺は衰退したのでしょうか。
「常光寺 小野市」で検索しても目ぼしいものはヒットしませんでした。
塩の井の鍬渓温泉、ここ歩いたことあります。
「2010年に廃業したが、地元住民や遠方の愛好家らの復活を望む声が強く、2017年、小野市の支援を受け公衆浴場として再開する見通し・・」とあります。
まだ開業はしていないんですか?
石燈籠の参道の写真だけ撮って、
疲れていたので上がりませんでした^^:
拝殿が結構綺麗ですね。
拝殿前からの眺めもよさげで、何時になるか分かりませんが上がってみたいです。
アルクノ
2017/04/25 20:43
アルクノさま
いつも有難うございます。
ハイ、算盤玉で架橋年や橋長を表現するなんて、乙な事しますねぇ。^O^
20KMですね。粟田橋と新大河橋の中間で約24kmですので・・・
小野町駅、通過ばかりで、残念ながら・・・機会があれば食してみたいですね。^_^
謎の石柱、古びてかなり傷んでるのに、残してあるのが気になりまして・・・^o^

常光寺さん、八十八所があるので、そこそこのお寺さんだったんでしょうね。公民館や社務所もお寺の地所だったのかも知れませんね。

鍬渓温泉、まだ、廃屋のままで、何も手を付けられていないようです。年内に再開するんでしょうか???

鍬渓神社さん、立派な神社です。登りの参道なんで、山の帰りだと、チョット敬遠・・・でしょうか。^O^
でも、すぐですので、立ち寄られたら如何か・・・と思います。
                                 てくてく
てくてく
2017/04/25 22:09
観音堂の段々の途中にある石標は何ですかね。
ちょっと分かりませんね。
観音堂横の石碑は石棺の蓋とは、古墳でもあったんでしょうか。
加古川に架かる大住橋の算盤がユニークです。
小野と言えば、算盤の町ですからねぇ。

JR小野町駅には何度か行きました。
グループで小野アルプスを歩くときに使った駅です。
それとこの駅に蕎麦屋があって、結構有名でよく流行っており、4〜5回食べに行ったことがあります。
鍬溪温泉に行ったことはなかったんですが、場所は知っています。
廃業してたんですね。
もし復活するようなら、今度は是非行ってみたいと思います。
満開の八重桜や山吹を眺めながらの昼食は美味しかったことでしょうね。
トンキチ
2017/04/26 21:49
トンキチさん
いつも有難うございます。
ハイ、似たようなのは、垂井の地蔵堂さんにもありましたし、粟生の八柱神社さんにもありましたし・・・スッキリしません。^O^
古墳あったのかもしれませんね。播州には、石棺を再利用した石碑や石棺仏があちらこちらに見られますので、その一つかと。
算盤玉、なかなかのアイデァです。^_^
小野町駅、10時半ごろ、前を通過しただけなんで、判りませんでした。機会があれば寄ってみたいです。
鍬渓温泉、近々、工事が始まるみたいです。地元の方の利用が主の様ですが、なんか、秘湯フアンが待ちかねていらっしゃるようで・・・^_^
ハイ、美味しくいただきました。所属している会の掟で、行動中のアルコールは、なしですが・・・
                                 てくてく
てくてく
2017/04/26 22:49
ワッ!もう、こんなにレンゲが咲いてるんですか!
レンゲのアップは?(^^ゞ

お目当ての石碑が、石棺の蓋!
なんで、こんな所に挿してあるんですか?
というより、この事を知ってる、てくてくさんにビックリ。(^^ゞ

橋の所に算盤のオブジェ。
さすが、小野ですね。(^^)
1986と2048…
この玉、動かせたら面白いのに。(^^ゞ

常光寺は、このお堂だけ?
てくてくさんが、驚いた程やから、これだけですね。
その割に、立派な石の標示ですね。
でも、霊場巡りがあるんですね。
そこに、冷泉があるんですか。
今は廃業中でも、復活中。
秘湯…でもないか。(^^ゞ…として、注目を浴びそうですね。
復活したら、温泉レポをお願いします。(^^)

鍬渓神社、こんなに石燈籠があるんですか。
春日大社を思い出してしまいました。
この燈籠は寄進でしょ?
この辺りの裕福な方、もしくは、この神社が有名で、各地から参拝に来られたんかなぁ…
二の鳥居をくぐって…
またまた鳥居をくぐって…大歳神社。
ん?神社の中に、神社があるんですか?
この大歳神社って、冒頭の地図に載ってる赤いマークじゃない大歳神社ですか?
鍬渓神社は載ってないしなぁ…
yoppy702
2017/04/28 19:00
yoppyさん
いつも有難うございます。
最近は、レンゲ殆ど見かけなくなりましたが、この辺り、所々に咲いていました。アップ、ピンボケで・・・

観音堂の石棺碑、摩滅してますが、多分、ホトケさまがいらっしゃったのだと思います。
アハハハハ・・・、暇なんで、色々、検索すると出てきます。^O^

算盤玉、動いたら面白いと思いますが、毎日、違った数字だったりして
常光寺さん、鐘楼があったり、霊場巡りがあったりするので、かなりのお寺さんだったと思います。なんで、すたれたんでしょうね???
アッ、冷泉は常光寺さんではなくて、500m程離れた鍬渓神社の近くです。マニアの間では、秘湯らしいですよ。復活したら行って見たいと思います。
鍬渓神社さんの石燈籠、メッチャ多くて、吃驚しました。開運・交通安全・厄除けの御利益があるそうで、自動車のお祓い場所も広いです。お祭りは、大変な賑わいの様です。
アッ、大歳神社さん、鍬渓神社ないの境内社でして・・・
冒頭の地図の大歳神社さんは、片山町の神社でして別の神社です。
大歳神は、穀物の神様なんで、農村地帯のあちこちに鎮座してます。なんか、全国の大歳神社の多くが、兵庫県にあるそうで・・・^_^
                                  てくてく
てくてく
2017/04/28 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
続 小野市史跡散歩 (その5) てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる