てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 続 小野市史跡散歩 (その6)

<<   作成日時 : 2017/04/27 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 8

小野市史跡散歩 (その6)は、小野市の西部、来住町周辺です。
画像



平成29年4月22日 
来住町周辺の地図です。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
赤いマークは無視してください。

鍬渓神社から常光寺前経由、来住町・陣塚古墳へ約1.8Km移動。勿論、てくてくと・・・^O^
途中・・・
タンボの用水路と大用水路が合流。
画像

大用水路が増水しても、水圧で蓋が押されて、タンボの用水路に逆流しないようになってるみたい。^_^

カッコいいので撮ったんだけど、何の木の葉っぱなんだろう???
画像

29.4.30追記
カシワバアジサイです。コスモスさんに教えていただきました。コスモスさん有難うございました。

間もなく麦秋。
画像


柿の新緑。
画像


ガーデン。
画像


タンボの向こう、遠く丹波の山々。
画像
一番高い山、白髪岳と思うんですが・・・


陣塚古墳です。^O^
画像
場所は、地図の下右寄りに下来住西団地があります。その下、道路の左側です。
古墳と云っても見た通り、荒果てています。道路側には、金網の柵があるし、右側の柵の切れ目から入ると灌木が繁ってジャングル状態で近づけません。


西へ約500m、来住城跡に向かいます。
東側から。畠の向こうの台地が来住城跡です。
画像

地図では、家老谷公民館の北東側、縦長の楕円の範囲になります。
この辺りを、Googleマップで見ていただくと、陣塚古墳も来住城跡も表示されています。

西側に回ります。
画像


トタン小屋に表札 ^O^
画像


城跡は、個人の畠の様なので、こちらから入るのは遠慮して、北側に回ります。
画像
樹の茂ってる辺りに踏み跡があるので、台地に・・・

石祠がお祀りされてます。
画像


奇妙な石柱。
画像
十字に彫りこまれています。何に使われたんでしょうねぇ???


ここから、北側の県道118号を渡って、北東約500mの養父寺に向かいます。

養父寺近くの石仏さま。
画像



養父寺さんに来ました。
画像


桜の木の下に道しるべ。
画像


大きい方。
画像


小さい方。
画像



エ〜ット、参道はこちらではなくって、来住町公会堂の北側になるので、そちらに回ります。^_^

養父寺正面です。
画像
石段両側板碑は、地蔵石棺仏さま。

右側アップ。
画像


左側アップ。
画像


石段を上がると広場で、葉桜と満開の八重桜のコラボ ^_^
画像



本堂前に来ました。
画像


九重石造層塔と説明です。
画像

画像


本堂です。
画像


水子観音さま。
画像


前のお堂の宝珠でしょうか・・・
画像



境内には、石仏さまや石造物が色々。
チョット変わった石燈籠。
画像
利休型石燈籠かと。

真中の仏さまのお姿が・・・
画像


言わざる地蔵さまみたい。^_^
画像


その左下の仏さまをアップすると、左上にUFO ???
画像



三十三所のうち近場の霊場を・・・
画像

画像

画像

画像

画像

画像



大蔵山・坂東・第壹番・癘{寺の様ですが、坂東三十三観音霊場もあるんですかねぇ。
画像


摩耶と読めるんですが、摩耶夫人???
画像


五輪塔の水輪、普通、梵字か無印なんですが・・・
画像


アップすると・・・
画像
こんな水輪、今までに、見た記憶ありません。

そして、この板碑。
画像
下の板「花山院石・・・」と読めるんですが、西国番外の花山院でもなさそうだし・・・
ヒョットして、大鏡・花山院の出家???

古い五輪塔群。
画像


ウハッ・・・大幅に時間超過。
走らなくっちゃ・・・


つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大きな用水路から田圃へ、逆流しないようにする仕組みが成程です。
でもこんなの見た事無いですが、新しいのでしょうか。
ガーデンとあるのは、個人宅ですか?
見事ですね。
へ〜、白髪岳が望めますか。
ここでブログを始める1年前、白髪岳(722m)〜松尾山(687m)と登った事を思い出します。

陣塚古墳、何の表示もないジャングルみたいですが^^、形で古墳と判明しましたか?
城跡が個人の畑で、トタン小屋に表札とは、
小野市の整備資金不足が深刻^^;
でも、奇妙な石柱は残している。
この下にもありますが、以前、昔の道標が多く残っている地域として紹介していましたね。
十字は境界でしょうか?

養父寺は、粟生駅と葉多駅からはほぼ同じ2キロ弱の距離で、来住バス停から徒歩4分とあり、フムフムです。
今も残っている石仏様が凄い数ですね。
おにぎり型の未確認飛行物体がユニークです^^)
栗のようにも見えました!
あっち、こっち、傾いているのが多いです。
最後の古い五輪塔群は地面が傾いていて、倒れそうです^^;
アルクノ
2017/04/28 16:26
へぇー…田圃の用水路に入らないように、こんな仕組みを設けてるんですね。
人間の智恵ですね。

あ〜、もう、麦のシーズンなんや。
若い頃に、連れと麦がなってる地域へ写真を撮りに行った事があります。
なかなか、被写体として面白いんですよね。(^^)

ガ―デンって…?
公園?
どなたかのお庭?(^^ゞ
綺麗にされてる。

陣塚古墳、可哀想な状態ですね。
旧跡扱いじゃないんですね。

トタン小屋が、来住城跡かと思いました。(^^ゞ
奇妙な石柱…浸食されたんですかねぇ?
顔のようにも見えます。(^^ゞ

養父寺に入ってからの道しるべの写真、イイ感じですね。
境内に入ると、てくてくさんを虜にするのが沢山ありそうで…
九重の塔、イイなぁ…と思ったら、文化財なんですね。
ホンマ、この石燈籠、ちょっと変わってますね。
利休型というんですか。
その下からの画像が面白いです。
言わざる地蔵。(^^)
左上にUFO。(^^)
「三十三所のうち近場の霊場を…」という事は、結構、広範囲なんですね?
その下の方…摩耶夫人に見えます。
五輪塔の水輪、板碑、古い五輪塔群…
ひょっとして、ここはミステリースポットじゃないですか!(^^)
yoppy702
2017/04/28 19:04
アルクノさま
いつも有難うございます。
ハイ、用水路の蓋、割に新たらしい様で、あちこちに同じ物が見られました。
ガーデン、個人のお宅で、まだ、進行中のようで、バラも植えたての様でした。完成したら凄いガーデンになりそうです。
丹波の山々一望です。白髪岳・松尾山いい山ですねぇ。
イエイエ、小野の史跡を調べてたら、たまたま、見つかりまして・・・古墳の立札もないし、見ても岩が重なってるなって思うだけで。Googleマップには、表示されてました。
阿形もそうですが、小野の城跡、畠多いですね。^O^
そうですね。小野も加東も道標多いですね。ただ、読めなくって・・・
養父寺さん、古い石造物多いです。
お握り形、なんでしょうねぇ。蓮の蕾みたいですけど、茎が無いのと、点々が何なのか????です。
古い五輪塔、地面が傾斜してて。なんで、傾斜したんですかねぇ。
右の五輪塔、康永三年の刻銘がありました。1344年でかなり古いものです。
                                 てくてく
てくてく
2017/04/28 19:12
yoppyさん
いつも有難うございます。
ハイ、てくてくの推察ですが・・・
タンボの水路の水が多くなったら蓋が開いて大きい水路へて、構造ではないかと。自動水量調整蓋かも・・・

最近は、麦畑すくなくなりましたが、麦の穂が出る季節ですね。^\^
なんか、青春って感じがするんですが・・・北海道の広い麦畑みたいです。

そーなんです。個人のガーデンで。まだ、完成してないようですが、いいガーデンになると思います。

陣塚古墳、天井の岩が崩れ落ちて、無残な姿です。もとに戻すのは無理でも、せめて、繁った樹木の伐採ぐらいはして貰えると・・・

来住城跡のトタン小屋、紛らわしい・・・
石柱、人面石だったりして・・・

養父寺、ホントに古い石造物が多くって。刻銘を見るなど子細に見てると、1日は十分遊べます。

三十三所、森の中に続いてて、めぐるのに少し時間がかかりそうなんでやめました。
そうですねぇ。色々ありまして・・・ホント、ミステリースポットかも。
                                  てくてく
てくてく
2017/04/28 20:14
3枚目のカッコいい葉ですが、カシワバアジサイの葉だと思います。
以前私もわからなくてずっと成長を見ていたら、きれいな花が咲きました。
コスモス
2017/04/29 15:13
コスモスさん
いつも有難うございます。
カシワバアジサイって名なんですか。スッキリしました。
コスモスさん、辛抱強く観察されるんですね。尊敬します。
                                 てくてく
てくてく
2017/04/29 19:24
カシワバアジサイの葉だけ見ても、私も何かなと分かりませんでした。
麦秋だなんて詩情豊かな表現ですね。
柿の新緑のお写真に背景で写っているのは小野アルプスですね。
あのお山のアンテナはNTTの中継所で、前山(136m)になります。
何度か行ったことがある山で、大きなヤマザクラがきれいな場所でした。
田んぼの向こうのお山は丹波方面ですか。
さえぎるものがなく、きれいに見えてますね。
白髪岳、昔一度だけ登ったことがありました。
小野町駅から鴨池の方まで歩いたこともあり、小野アルプス全山縦走したこともありますが、来住町のこういった歴史に触れるのは初めてで、来住城跡、寺院、石碑や道標、三十三か所の石仏など観察が細やかで、今様の郷土史を読んでいるようでした。
トンキチ
2017/05/01 06:35
トンキチさん
いつも有難うございます。
てくてくも、園芸種は判りませんが、教えていただけるので助かります。
ハイ、小津安二郎監督の「麦秋」をみて、いまだに覚えています。^O^
NTTさんのアンテナですか。河合の方からもよく見えるので、灯台みたいですねぇ。
ヤマザクラ見てみたいですね。
丹波山々、さえぎるものが無いので一望です。白髪岳、チョット岩場などあって、いい山ですね。
そうですねぇ。そんなに有名なのはありませんが、歩いてると、色々あって楽しいです。^_^
                                  てくてく
てくてく
2017/05/01 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
続 小野市史跡散歩 (その6) てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる