てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 港・神戸 メリケン波止場

<<   作成日時 : 2018/06/28 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 0

梅雨の晴れ間、港・神戸を散歩してきました。新港の次は、メリケン波止場(メリケンパーク)です。
画像

※コメント欄は、閉じています。


平成30年6月22日  /
新港第一突堤からの、メリケン波止場&メリケンパークです。
画像


新港第一突堤から、一旦、国道2号・京橋交差点に出ます。
京橋交差点に行く途中、道路東側に「史跡 海軍操練所址」と、「神戸電信発祥の地」の碑があります。
画像

画像


説明、読みにくいんで、起こします。
ヨッコラショ!?
画像
クリック・クリックで大きくなります。

エッ、まだ読みにくいって・・・
多分、こうだと思います。誤字脱字、間違ってるかも・・・

神戸海軍操練所跡由来
 万延元年(一八六〇年)一月、幕府は遣米修好使節団を公式に派遣した。その際 勝海舟は、咸臨丸(三〇〇トン)の艦長として、万里の波浪とたたかいながら 一行の護衛と海洋技術修得の大任を果たしたのである。
これ、日本人による、最初の太平洋横断であり、わが航海史上、特筆大書すべき壮挙であった。
 文久三年(一八六三年)四月 攘夷の世論ようやく急を告げ、徳川家茂は摂海防備のため阪神海岸を巡視した。当時、海舟は、軍艦奉行並の職にあって、これに随行し、神戸港が天然の良港であり、国防の要港であることを力説した。かくて、ここ小野浜の地に海軍操練所の創設をみたのである。
 この神戸海軍操練所は、兵学校、機関学校、海軍工廠を総合した観があり、大規模な組織であった。勝海舟はここに天下の人材を集め、日本海軍の礎を築き、海外発展の基地をつくろうとした。その高風を仰ぎ、来り学ぶ俊英二百の多きを数え、坂本竜馬、陸奥宗光、伊東祐亨など、幾多有為の人材を輩出したのである。
 元治元年(一八六四年)、海舟は、禁門の変に操練生の一部が反幕軍として参加したため、激従養成の嫌疑を被って解職され、操練所もまた翌慶応元年(一八六五年)三月、ついに閉鎖されるの止むなきに至ったのである。
 当時は、この「記念の錨」から東へ長くひろがり、南は京橋詰から税関本庁舎を望むあたりの、長方形の入堀約一万坪の一帯が海軍操練所であった。惜しくも現在では阪神高速道路の下に埋めたてられて、当時の盛観をしのぶに由もない。今はただ、遠く諏訪山公園からこの地を見守る勝海舟直筆の碑文を仰ぐことのできるのがせめてもの救いである。
 ここに当時を偲び郷土を愛する人びとに、この記念の碑を捧げる。
昭和四十三年十月建立
兵庫県知事        金井元彦
神戸市長         原口忠次郎
神戸商工会議所会頭 浅田長平
           寄贈 洲崎喜夫
               小野米吉



国道2号・浜側の歩道を西に行きます。
国道を挟んで・・・

チャータードビル。
画像
旧チャータード銀行神戸支店ビルで、昭和13年竣工、鉄筋コンクリート造4階建。
近代化産業遺産「旧居留地銀行ビル群・海岸通商業ビル群」です。

神港ビル。
画像
昭和11年竣工、鉄筋コンクリート造8階建。
戦後GHQに接収されたビルで、近代化産業遺産「旧居留地銀行ビル群・海岸通商業ビル群」です。

商船三井ビル。
画像
旧大阪商船神戸支店ビルで、大正11年竣工、鉄筋コンクリート造7階建。
近代化産業遺産「旧居留地銀行ビル群・海岸通商業ビル群」です。

海岸ビル。
画像
旧三井物産神戸支店ビルで、大正7年竣工、鉄筋コンクリート造4階建。
近代化産業遺産「旧居留地銀行ビル群・海岸通商業ビル群」です。
上に、増築された階層が乗ってます。^O^


メリケン波止場前交差点に来ました。

交差点北西角、神戸郵船ビル。
画像
アメリカ合衆国領事館跡に建てられた、旧日本郵船神戸支店ビルで、大正7年竣工。歴史的建造物です。

歩道橋から。
画像


交差点南西角、丸亀ビル。
画像
旧ALL & Company Ltd(外資系海運会社)のビルで、建築年不詳ですが、大正末期から昭和初期の建物の様です。近代建築の部です。

歩道橋階段脇に、紅一点。
画像
アメリカデイゴ(海紅豆=カイコウズ)。


神戸税關 萬国波止場碑です。
画像
丸亀ビルさんの前にあります。
右面は、読みにくいですが「神戸税關 萬国波止場」です。

説明です。
画像
クリック・クリックで大きくなります。


交差点東南角の港公園に・・・

神戸海軍操練所・陸奥宗光顕彰碑です。
画像
クリック・クリックで大きくなります。

メリケン地蔵さまです。^_^
画像

画像



ヤット、メリケン波止場に来ました。
メリケン波止場は、兵庫港第3波止場として明治元年(1868)に開設されました。近くにアメリカ領事館があったので、メリケン波止場と呼ばれる様になったそうです。
大正の終り頃、中突堤と新港ができるまで、高浜岸壁と共に港の中心的突堤だったそうです。
昭和62年に西側が埋め立てられ、中突堤と陸続き? になって、メリケンパークの一部になっちゃいました。^_^


震災当時のまま、残されています。
画像

画像



海上保安庁の船が帰ってきました。
画像
小型で小回りの利く、海のチャリ的な船ですね。

第1突堤の巡視船と「蓮」。
画像


天候は回復の様です。
画像


第1突堤全景。
画像
クリック・クリックで大きくなります。

MARINERSと書かれてる船が、入って来ます。
画像
井高海運さんの船です。

新港で見た、クルーズ船「OCEAN PRINCE」が、又、姿を見せました。
画像


コンテナ台船が、曳航されて出て行きます。
画像


パイロット船「くるしま」も出て行きます。
画像


メリケンパークの、神戸海援隊と神戸港移民船乗船記念碑です。
画像

画像



突然、汽笛が・・・
LUMINOUS KOBE 2の出港です。

船尾の海面が泡立って来ました。
画像


後進、離岸して行きます。
画像

画像

画像


つづいて、左に回りながら前進。
画像

画像

画像


速度を上げて出港です。
画像

画像

画像

画像


遠くなって行くので、ズーム・アップ。
画像

画像

画像

画像


行っちゃいました。
画像

撮ったのを、全部、アップしちゃいました。^O^


中突堤のポートタワー。
画像


メリケン波止場などの探訪終わりました。次は、ハーバーランドです。
つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
港・神戸 メリケン波止場 てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる