てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 柳生街道・滝坂の道

<<   作成日時 : 2018/01/30 15:57   >>

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 9

会のウオーク例会に参加して、滝坂の道を歩いてきました。
てくてくの属する会は、毎月2回の例会があります。
1回は山の例会。もう一回は、名所旧跡や峠や平野など歩くウオーク例会で、高齢者向けの例会。^O^

滝坂の道は、江戸時代、多くの剣豪が往来したといわれる柳生街道の一部、忍辱山円成寺から、奈良市高畑までです。
画像

コース詳細は、近鉄さんの「てくてくまっぷ・奈良-3 柳生街道滝坂の道」を参照してください。



平成30年1月27日  
近鉄・奈良駅前で、奈良交通バス・邑地中村行に乗車、忍辱山で下車。
画像


バス停から、柳生街道随一の名刹「忍辱山円成寺」に向かいます。
直ぐ山門です。
画像


山門をくぐると、円成寺庭園です。
画像
平安末期に寛遍僧正が築いたといわれる庭園です。
氷結の池に薄雪。いいですねぇ。^_^

所々、アップ。
画像

画像

画像


円成寺の国宝・重文一覧。
画像


室町時代の楼門で、重文です。
画像
応仁2年(1468年)の再建だそうです。


境内に入ります。拝観料350円。^O^
円成寺は、真言宗・御室派のお寺で、万寿3年(1026年)命禅上人が、十一面観音像を祀る仏殿を建立したことに始まると伝えられます。又、一説には、天平勝宝8年(756年)、聖武太上天皇・孝謙天皇の勅願により鑑真和上の弟子、虚瀧が開創したともいわれます。
・・・だ、そうです。

本堂(阿弥陀堂)です。
画像
栄弘阿闍梨が、室町時代・文正元年(1466年)に再建したお堂で、重文です。
ご本尊は、平安時代の、木造阿弥陀如来坐像で重文です。

春日堂・白山堂です。
画像
国宝で、鎌倉時代・安貞2年(1228年)の物です。

護摩堂です。
画像


多宝塔で、平成2年の再建です。
画像
ご本尊の金剛界大日如来坐像は国宝で、安元2年(1176年)運慶の作。別殿に安置されています。

境内の手洗鉢?です。
画像


こちらの手洗鉢は、完全に氷結してます。^O^::
画像


楼門内側から・・・
画像


境内の外に十三重塔と宝篋印塔。
画像




奈良に向かって出発。
柳生街道・滝坂の道に入ると、お地蔵さま
画像


そして、丸い石造物と六地蔵さま。
画像
丸い石造物は、蓮花形棺台と思います。
縁起でもない・・・って、云わないで下さい。今では、殆どお目にかかれない、貴重な民俗資料?です。^_^
六地蔵さまは、通常、墓所の入口にお祀りされます。

滝坂の道を行きます。所々にある道標の一つ。
画像


岩から出てきた根っこ。^o^
画像


この辺りの滝坂の道は、単調な植林の道です。
画像


やがて、舗装道に出て、暫く行くと開けてきました。
誓多林の集落です。
画像


右側小高い丘の茶畑に、お地蔵さまが見えます。
画像


五尺地蔵さまなどのアップ。
画像


誓多林集落のゆるい坂道を行きます。
画像


途中、氷結した溜池。
画像
スケート・リンクになる程ではありませんねぇ。^O^

登り終わった辺り、右の小高い所に鎮座する八柱神社。
画像

※トイレ情報・・・道の左側にトイレがあります。^_^

すぐ、峠の茶屋ですが閉まってます。
画像
随分と傷んでます。


その先、車道が20m程、崩落していて、人一人が通るのがやっと。車は通行不可です。
すぐ、石切峠。地獄谷への細道が左に下ってますが、幹事さんの氷結・危険との判断で、直進します。
若草山ドライブウェイに出て、少し下って左、石畳の道に入ります。
所々、凍っています。
画像


暫く下ると、首切地蔵さま。
画像


説明です。
画像


お地蔵さま前の広場で、遅いお昼。^_^
※トイレ情報・・・広場の南側にトイレがあります。なお、休憩所の東屋?はなくなっていました。

お昼を済ませ、石畳の道を下って行きます。
谷川の所々、凍ってます。
画像


朝日観音さまです。
画像


説明です。
画像


谷川の氷。
画像


石畳のアイス・バ-ン・・・
画像

画像


岩肌も凍って、ツララが・・・
画像


アップ。
画像



三体地蔵さま。
画像

夕日観音さまは撮れませんでした。

寝仏さま。
画像


次々と谷川の氷。^O^
画像

画像



更に下って、妙見宮五丁です。
画像


石標です。
画像


こんな石標も・・・
画像


道の左側には石燈籠。
画像


そして、すぐ、高畑に出ました。
画像


東海道自然歩道の白毫寺との分岐道標です。
画像
ン・・・「北・山の辺の道」の白毫寺への道は、新薬師寺の所だと思ったんだけど???

滝坂の道のウオークは終わりました。
現在、14時10分。普通、ここから近鉄・奈良駅に向かうんですが、わが会のウオーク例会は、まだまだ、終わりません。
つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
もう少し若くて健脚だった頃に私も一部だけですが
歩いたことがありますが、いかにも寒い中を歩かれたのですね。
凍った山道も皆さん上手に歩かれ、ベテランさんばかりですね。
いつの間にか健脚でなくなり、最近は平坦部のみのウオークに
限られてしまいました。
奈良件でも私の方には殆ど雪も降らないので、写真を拝見して
びっくりしながら楽しませて頂きました。
この後も、まだ帰路ではないそうで、楽しみです。
つばさ
2018/01/30 17:44
つばささん
いつも有難うございます。
奈良の予報、雪だったので、積雪覚悟してきましたが、ないので助かりました。でも、池や手水鉢や、谷川が凍ってるのでビックリです。
そうですねぇ。ベテランってほどではないんですが、皆、冬の山を経験してる人が多いんで、ついて行くのが精一杯です。
つばささんも、経験者のご様子なんで、まだまだ、健脚発揮できるのではと思います。
ハイ、まだ、解散してくれないので、頑張って付き合います。
                                 てくてく
てくてく
2018/01/30 19:30
ウォーク例会への参加、お疲れさまでした。
柳生街道随一の名刹「忍辱山円成寺」の存在、恥ずかしながら知りませんでした。
こんな立派なお寺さんがあったのですねぇ。さすが奈良です。
円成寺庭園は平安時代の作とのことで、名勝に指定されているのですね。
一面が白いのは池が氷結して薄雪を被っているわけですか。
後の方で水場が凍っていますが、大寒波の日のウォークでしたね。う〜、サブッ…。
このお寺は国宝・重文の宝庫ですね!
写真を通して重厚な歴史がひしひしと伝わる名刹でした。
ホントにいい寺院をご紹介いただきました。
楼門、本堂も室町時代の重文でしたね。
春日堂・白山堂は鎌倉時代の国宝。
素晴らしい歴史的な遺産が残されていますね。
多宝塔のご本尊、金剛界大日如来坐像も国宝だそうで、安元2年(1176年)運慶の作とのこと。別殿に保存されているそうですが、見てみたいものです。
手水鉢が見事に凍り付いていますね。ホント寒そうです。
滝坂の道はお地蔵さまが多いので、昔の人の信心深さがよく分かります。
それとこの道一部に凍結が見られて、滑らないかとドキッとするような道でしたね。
春日山はまさに原始林で、谷沿いの道、石畳ですか、氷結したりしていましたが、こんな日はよほど気をつけなければ怖いですね。
おちおち観音さんばかりを見物して歩いていられませんね。
滝坂の道は歩き終わっても、この会のウォークはまだ終わらないって高齢者向けの例会じゃなかったのかなぁ!
この後、どこに向かうのですか〜。続きを楽しみにしています。
トンキチ
2018/01/30 22:22
トンキチさん
いつも有難うございます。
ハイ、奈良市と云っても、山深い所にあるので、あまり有名ではないと思います。
忍辱、誓多林などの地名は、インド仏教からの言葉だそうで、平安の頃から、山岳宗教の修行の地だったそうです。
円成寺さん、古いお寺さんで、氷結した白い池は、めったに見れないので、よかったです。

ハイ、予報では雪だったんですが、舞った程度で、積雪もなく助かりました。お寺の拝観の時は結構寒かったですが、歩きだしたらマシになりました。^O^

円成寺さんは、さほど規模の大きいお寺ではありませんが、仰る様に、国宝・重文の宝庫ですねぇ。建物や仏像のほかにも、貴重なものが色々あるそうです。
手洗鉢の水、綺麗に凍っていて、氷の芸術・・・チョットほめすぎ。^O^

滝坂の道、摩崖仏や岩窟仏なども多くって、仔細に見て回ると、1日は十分かかりますね。
石畳に氷は、乗るとヤバいですねぇ。^O^
道幅全面が氷結してる処が、所々あるんで、山側の斜面をソロソロと・・・^O^
ホント、石仏さまや、谷川の氷に気をとられているとドテッ。悪くいると谷の中にドン。

ハイ、高齢者向けですが、結構、シゴイてくれます。
続きもよろしくお願いします。
                                  てくてく
てくてく
2018/01/30 23:45
トンキチさん 追伸
行かれるんでしたら、バスの始発停留所はJR奈良駅ですので、そちらから乗車された方がいいと思います。シーズンになると近鉄・奈良駅から乗車される方が多いんで、大変です。なにせ、本数が少ないんで・・・臨時があるかもしれませんが。
                                  てくてく
てくてく
2018/01/31 00:02
氷結の池に薄雪の写真。
言われないと分りませんです。
おっちょこちょいの私は、踏み入れてドボンとなりそう^^;
円成寺、国宝や重文が盛りだくさんで、見所満載ですねぇ!
拝観料350円は致し方ないですが、
凍結して、お手々が洗えません^^;
本堂に多宝塔など、画角に撮影位置がピッタシで、
一眼を持参されましたか?

岩から出てきた根っこ^^)
歩き乍らも、面白いものを探している姿が想像できます。
茶畑にお地蔵様があるのは、人の往来が多かった古道で、
これも滝坂の道ですか。

首切り地蔵以降は、逆コースですが歩いたので懐かしいです。
お地蔵さま前の広場で、私達も昼食でした。
首切り地蔵からの分岐で、若草山へ向かいましたが、柳生街道も興味あるので歩いてみたいです。
アルクノ
2018/02/01 18:35
アルクノさま
いつも有難うございます。
氷結の池、綱が張ってあるので、多分、ドボンはないと思います。^O^
円成寺さん、規模の割には、国宝・重文が多いですね。明治以前は、随分と大きいお寺だったせいでしょうか。
ハイ、手洗鉢もそうですが、トイレ修理中で、仮設トイレも水が出ないんですよ。
写真機はコンデジで、26日横浜から退院してきた、A900なんです。結構、綺麗に映りますねぇ。
色々、目につくタイプでして・・・^O^:
茶畑の五尺地蔵さん、滝坂の道から少し登った所にあります。ヒョットすると、昔はお地蔵さんの辺りを通っていたのかもしれませんね。
そうですね。若草山方面もいいですが、柳生街道も楽しいです。是非、お出かけください。
                                 てくてく
てくてく
2018/02/01 20:43
奈良が冷えるのは知ってますが…
エエッ!って感じです。
円成寺、さすがに名刹、素晴らしいですね。
っていうより驚いたのが庭園。
この白い部分って、池…なんですか!
白砂で、海とか表現してるんやと思って見てたので、てくてくさんの説明でビックリ!
「いいですね。」の騒ぎじゃないっすよ!
スゴイ、スゴイ、スゴイ。(^^)

楼門が、またイイ。
この石段を上る程に近づいて行くんですね…

境内散策は、てくてくさんの得意分野。
とっても参考になりました。(^^)

そして…凍ってる手洗鉢。
綺麗です。
…使えないけど。(^^ゞ

単調な植林の道は春日山遊歩道もそうですけど、夏場は涼しいです。(^^ゞ

小高い丘の茶畑…イイですね。
時期がくれば、この辺り、ウットリするやろなぁ。

首切地蔵様から後は、昨年、歩いたので知ってる道です。(^^)
首切地蔵様は、背後に回って、どんな風に切られたのか、念入り(?)にチェックしました。(^^ゞ
又右衛門の刀って、余程、良く切れる刀なんですね。
エッ?腕ですか。(^^ゞ

ここからの道って、石を敷いてある所が多いので大丈夫かなぁ…と思っていたら、やっぱり凍結してる!
こりゃー歩くの怖いわ。
「高齢者向けの例会」って、メッチャ、ハイレベルじゃないですか。

夕日観音さまって、ボクも解らなかったんですが、やっぱり、日があたらないと、お姿を見るができないんですか?
なんか、斜めの状態になっているとか。

「高畑に出ました」、ボクも、ここを通りました。
「白毫寺との分岐道標」、これも撮ってます。
懐かしい。(^^)

エッ!?
例会が、まだ終らない?
アルクノさんやったら、打ち上げなんやけど…
なんか、ワクワクするなぁ〜。(^^)
yoppy702
2018/02/03 12:02
yoppyさん
いつも有難うございます。
奈良市街地も寒いようですが、山間部に入ると一段と寒いようで・・・^O^
円成寺庭園、名勝と云われるだけあって、いいお庭です。この日は特別良かったです。氷結の池に薄雪なんて、めったに見られませんねぇ。^_^
楼門いいですが、楼門の石段、立入禁止なんですよ。ン十年前、登ったような記憶があるんですが・・・

凍った手荒鉢って、久しぶりにお目にかかりました。使えないけど、いいですねぇ。
植林の道、この時季はいまいちですが、暑い時のおすすめですね。
丘の茶畑、八十八夜のころがいいかもしれません。

首切地蔵さま、チェックされましたか。^O^
どんな刀だったんでしようねぇ。腕も立った武芸者とは聞いてますが・・・
お地蔵さまの罰、当たらなかっんですかねぇ。^O^

所々、石畳の道道幅一杯に氷結してましたが、範囲が短いので、問題ありませんでした。これが、長いと難儀するんですが。
みなさん、殆ど、冬の山の経験者なんで、適当に、避けて通過していきました。^_^

夕日観音さま、少し登った所からだと見えるんですが・・・置いてかれてたので、登るひまありませんでした。

白毫寺への分岐、東海道自然歩道と、近鉄さんの、北・山の辺の道コースでは、違うんですね。ここから、白毫寺に行った事ないので、次の機会に、探索してみます。

ハイ、明るいうちは、登ったり歩いたりする会なんで・・・あんまり、飲食には興味ないみたい。
                                  てくてく

てくてく
2018/02/03 14:14
柳生街道・滝坂の道 てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる