てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 堺 名所・旧蹟ところどころ

<<   作成日時 : 2018/03/08 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 6

チョット、やぼ用がありまして、後編のアツプが遅れました。
会のウオークで、仁徳天皇陵周辺と堺の旧蹟など歩いてきました。

後編は、堺 名所・旧蹟ところどころです。
画像



平成30年2月24日記  
仁徳天皇陵から、府道197号を南側に渡り、大仙公園内の堺市博物館の見学です。
画像
堺と周辺の考古・民俗・美術などの資料が展示されていますが、内容については割愛。

みんな、時間をかけて見学されますが、てくてくは早めに切上げて、堺市茶室の黄梅庵・伸庵に行きます。
画像


説明板です。
画像
クリック・クリックで大きくなります。

門をくぐると、左側、お庭に石塔があります。
画像
重要文化財の旧浄土寺九重塔です。

説明です。
画像


飛石伝いに右手奥に行くと、伸庵です。
画像
国登録有形文化財です。

正面から左に入ると、腰掛待合です。
画像
黄梅庵側から。

伸庵の構造が判らないんですが、躙口が見えますので、茶室ですね。
画像



門に戻って、左へ飛石伝いに行くと、黄梅庵があります。
画像
国登録有形文化財です。

説明です。
画像
クリック・クリックで大きくなります。

黄梅庵・茶室です。
画像


見学を終えて、みんなが出て来ました。
次に向かうのは、南宗寺だそうです。

府道197号を西進します。

府道を隔てて道しるべが見えます。
画像


御陵大師さま。
画像


土居川です。
画像
堺は、昔、環濠の町で、自治都市として栄えました。
この土居川は、南側の環濠です。
大坂夏の陣の後、徳川幕府によって掘られたもので、それ以前の環濠は、もう少し北側だそうです。


南宗寺に来ました。
説明板です。
画像
クリック・クリックで大きくなります。

あまりお目にかからない石灯籠。
画像


本堂見学は、この門を入ります。
画像
本堂は見学しましたが割愛。^O^:

鐘楼です。
画像


重要文化財の唐門です。
画像


中を覗くと、徳川家康公の墓???
画像
大坂夏の陣で、茶臼山で敗れた家康が、籠で逃げる途中、後藤又兵衛に槍でつかれ、堺まで落ち延びたが絶命。遺骸を南宗寺・開山堂下に隠した。のちに改葬・・・って、お話があるそうです。^_^
この石標は、戦災で焼失した東照宮跡に建てられたものだそうです。

椿の井戸です。
画像
底に椿の炭を沈めていた・・・と云われる井戸です。
石標に「利休居士遺愛」と刻まれています。

重要文化財の仏殿です。
画像



山門に向かいます。

途中に、鳥居と怪し気な・・・
画像


鳥居脇の狛犬の傍の石標。
画像
よくわからない・・・^O^:

荒廃したお社。
画像
弁財天さんみたいです。


五辨花開萬朶香・・・
画像



山門です。正面から・・・
画像
甘露門とも云い、重要文化財です。

境内側から。
画像
この門、潜れたらいいんですけど・・・


北の門から出ます。
画像

画像



みんなの後を追っかけて、右に曲がったり、左に曲がったり・・・^O^:

堺市女性センター前、与謝野晶子の歌碑です。
画像


            地はひとつ 大白蓮の 花とみぬ
                 雪の中より 日ののぼるとき

                       
                               歌集「夢之華」から


左隣りが顕本寺で、説明板です。
画像

画像
下の説明板は、クリック・クリックで大きくなります。

冠木門まがいの門。
画像
冠木が切れてるのは、秀吉が馬でくぐる時、頭が冠木にあたるので秀吉が怒って切らせた・・・と、誰かが云ってました。真偽のほどは

本堂です。
画像


ブットい石燈籠。
画像


大きな石碑があります。
画像
小歌の元祖、三隆達の碑です。
小歌があるのなら、大歌もあるのかなぁ・・・って、面白半分に検索したら、ありました。
Wikipediaによると、奈良時代以降、宮中の節会などで歌われた歌謡・・・云々。

こんな石碑もあります。
画像

画像

画像


これ、半分に割れていますが、元は、何だったんでしようねぇ
画像


みんな、いなくなっちゃいました。後を追います。^O^::
アッ、三好元長と三隆達のお墓、撮れなかった。
マッ、イイカッ。


小走りで追っかけながら速写。
宿院頓宮です。
画像

画像


阪堺電車の線路です。
画像
この通りは、紀州街道です。

「さかい利晶の杜」に来ましたが、立礼呈茶に時間がかかり、見学は割愛。^o^

道を挟んで向かい側が、千利休屋敷址です。
画像


椿の井戸です。
画像
椿の炭を底に沈めた・・・ン、南宗寺にも椿の井戸があったジャン。千利休さん、所縁の井戸には、椿の炭を沈めてたんですかねぇ???

石燈籠。
画像


ここで、ウオーク終了解散。

おしまい


おまけ ^O^
堺のマンホール蓋。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
伸庵と黄梅庵、茶室内部の見学のみはできないのでしょうか?
説明板には「お茶時にご利用下さい」とあるで、茶会としての事前申し込みが必用なんですね。
明治の香りがする茶室の建物です。

>荒廃したお社
てくてくさまは地面の水平をきちんと取って撮影しているので、
傾いたお社が、倒れそう^^)

立ち入り禁止状態になっている囲われた甘露門もユニークですね。
人が歩くと重文が傷む^^;
ご隠居!、甘露門^^)

堺市は平成元年に市制100周年で歴史がありますね。
堺幕府ですか、成程です。
堺市の人口は神戸市の54%もあり、山梨、佐賀、福井、徳島、高知、島根、鳥取の各県を上回るそうで、大きな都市ですね。
1868年に堺県を設置し、1876年奈良県を併合したそうです。
1881年には堺県が大阪府に併合されてしまいました。
これは残念だったでしょう。
現在、昼間の人口が少なく、大阪市の衛星都市になっています。
大阪から沢山お給料貰っているのに、大阪都構想には反対していて、堺市は府との二重行政は無いとおっしゃっています^^;
堺市まで無くなるのは許せないと言う、堺幕府の誇りでしょうかね。

「小走りで追っかけながら速写」、お疲れ様でした。
堺市をじっくり散策したことが無いので、大変勉強になるレポートでした。
アルクノ
2018/03/09 17:21
アルクノさま
いつも有難うございます。
ハイ、庭の見学は無料ですが、茶室は有料利用だけで、見学ははできないようです。
雰囲気ありますね。流石、国登録有形文化財です。
弁天さん、やっと持ちこたえている様で・・・^O^

そうですね。開放すると、傷つけたり落書きしたり。でも、やっぱり、お寺にお参りするには、山門をくぐりたいですね。

環濠都市・自治都市の堺も、時代の波にもまれてますね。昔から、豊かな都市でしたから、時の権力者の垂涎の的なんでしようねぇ。
でも、大きければイイ・・・ってもんではないと思いますが。
堺の名と、史蹟・旧蹟は残してほしいですね。
                               てくてく
てくてく
2018/03/09 21:21
昔、日本史の授業で、「堺」という地名がよく登場したなと朧げに思い出しました。
具体的なことは全然ですが。(>人<;)
歴史を背景に、多くの名所・旧跡や寺院などがわんさと残る街ですね。
私は以前阪神高速湾岸線をよく走りましたが、堺と言えば製鉄会社の工場群が印象的で、夜景がきれいでした。
てくてくさん、堺市博物館はそこそこに、黄梅庵・伸庵の方に興味を惹かれたようでしたね。
昔は風雅を愛する茶人が多く、茶室も日本建築の粋を感じます。
国の登録有形文化財に指定されているのは当然でしょうね。
南宗寺は重文だらけで立派な上に、千利休との結びつきの強いお寺なんですね。
「堺幕府」があったとは知りませんでした。
至る所に由緒ありそうな石碑や石燈籠があり、やはり堺は歴史の宝庫ですね。
阪堺電車にも乗ってみたくなりました。
マンホールの蓋もナイスです!
トンキチ
2018/03/10 18:17
さすが、堺って見所一杯ですね。
お疲れ様でした。
読み終わって、何が一番、頭に残ったかというと…
ホンマ、てくてくさんって、マイペース。(^^)
で、しょっちゅう、皆の後を追いかけている、てくてくさんの姿ばかり頭に焼きついています。(^^)

堺市博物館は、内容豊富なようですが、ボクも、どちらかというと、写真に撮れるほうがイイので、きっと、割愛するでしょうね。(^^ゞ

「黄梅庵」は、素適な茶室ですね。
にじり口から中に入ってもイイんですか?(^^ゞ
「黄梅庵」は、花の「黄梅(オウバイ)」が咲いていたからと思ったら、梅の実が黄色く熟した時に完成したからなんですね。
情緒のあるネーミングやなぁ…と感心したのに、メッチャ、単純発想やった。(^^)
昨年、黄色く熟した梅で、梅ジャムを作ったら美味しかったです。(^^ゞ

南宗寺の説明板の敷地は変な形をしてますね。
四角じゃなく、三角っぽい。
そして、この石灯籠。
これって、継ぎ目がないようなので、上から下まで、大きな石を彫っていったんですね。

そうなんや、家康って、夏の陣で、後藤又兵衛にやられてたんや!
案外、真実やったりして。(^^)

この荒廃したお社…何か気になりますねぇ。

甘露門は、展示物扱いですか?
老朽化で、危険な状態なんかなぁ…(^^ゞ

秀吉が怒って切らせたという冠木…
秀吉やったら、ありそうな話です門ね。(^^ゞ

小歌と小唄は同じなんですか?
大歌もあるんや!
調べてみるもんやなぁ。(^^)

千利休屋敷址も面白そう。
ホンマ、色々とありますね。(^^ゞ
yoppy702
2018/03/10 19:25
トンキチさん
いつも有難うございます。
そうですね。歴史の舞台に、しょっちゅう登場してるようですね。
それだけに、名所・旧蹟が多いいです。
昔昔の記憶では、阪神高速の走ってる所が、海岸線だったような・・・工場群のある場所は、埋立地の境泉北臨海工業地帯ですねぇ。
アッ、博物館も興味あるんですが、どちらを取るかと云われると・・・^O^
茶の湯の嗜みはないんですが、おっしゃる様に茶室は粋ですね。
南宗寺は、ホント、重文と千利休のお寺でした。
幻の堺幕府・・・^_^:
古墳時代から拓けていたような土地なんで、色々、多いです。仔細に探訪すると、かなりな時間が必要なようです。^_^
阪堺電車、路面電車なんで郷愁を感じますね。天王寺や恵比寿町から浜寺まで乗ると楽しいでしょうね。
マンホール蓋、堺をうまく表現してるように思います。てくてく的にはグッドデザイン。
                                  てくてく
てくてく
2018/03/10 21:18
yoppyさん
いつも有難うございます。
ホント、見所一杯でした。
アハハハハ・・・幹事さん、迷惑老人って思ってますよキット。

yoppyさん、同好の士ですね。博物館は、ササッと^O^
茶室、伸庵よりも、黄梅庵の方が趣ありますね。残念ながら、茶室利用でないと内部は見れないようです。
普通、そう思いますねぇ。深読みさせよう・・・なんて名付け親思ったんですかねぇ。^O^
梅ジャムいいですね。又、yoppy料理教室で教えてください。

南宗寺の敷地は三角みたいですが、塔頭などを含めると、南宗寺ご一統さまで、四角になるようです。^O^
この石燈籠の型、今まで見た記憶ないん型です。道しるべ型でもないし、説明ないし、調べても、こんな型ないんですねぇ。

ホントかも知れませんねぇ。この時、家康の乗ってた籠、槍の後でなくて、鉄砲の弾のあとみたいなのがあるって話ですが・・・

甘露門どうなんでしょう。老化して危険なようには見えなかったんですが・・・
秀吉、焼打ち、水攻め、なんでもありなんで、案外、本当の話だったりして。^O^

大歌あるなんて吃驚。
千利休屋敷址、これだけなんで・・・ご期待にそえなくて
色々、ありますね。再度、探索必要ですね。^_^
                                  てくてく
てくてく
2018/03/10 23:25
堺 名所・旧蹟ところどころ てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる