てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・桜 見て歩る記

<<   作成日時 : 2018/04/13 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 71 / トラックバック 0 / コメント 8

見て歩る記の続編で、4月4日〜4月10日です。
画像



平成30年4月13日記  
4月4日
天津彦根神社さんの桜は散り始めました。
画像


保育園の桜は、今が盛りです。^_^
画像



古民家の桜も爛漫。
画像



無住の古家にも・・・
画像
なんか、無常を感じます。
フト、芭蕉さんの句が・・・

               さまざまな 事おもいだす 桜かな


これから、山田の里の西部へ行きます。
六条八幡さん前を西へ行くと、すぐ宮の片。
志染川沿いに枝垂れ桜が満開。
画像


背景に、流れが入るように。^_^
画像


少し、大きく。
画像

西行さんの頃には、こんな、艶やかな桜はなかったと思いますが・・・

               ねがわくば 花のもとにて 春死なむ
                        その如月の 望月のころ


岩谷の下流、樋谷付近の坂道を登って行きます。
画像


坂道に咲く桜、対岸から見ると・・・
画像


アップ。
画像


丹生山方面をバックに。
画像



樋谷から約1.2Km、丹生宝庫の桜が見えてきました。
画像



丹生宝庫前、廃寺となった丹生山・明要寺の参道です。
画像

この参道は、平清盛が、丹生山明要寺・月参りのために、福原京から丹生山明要寺まで、参道を拓かせた・・・と、伝えられています。
石仏さまが、廿五丁石の上に座していらっしゃいます。

石仏さまアップです。
画像
禅定印(法界定印)を結んでいらっしゃいますので、釈迦如来さまor大日如来さま???


ン・・・花は八重、葉っぱは山桜風だけど何桜・・・????
画像



天津彦根神社さんに帰ってきました。
画像

画像
朝より、葉っぱが増えたようです。

朝雅 夕べは哀し 桜花 ^_^:
画像

画像

画像

画像



神社下、柏尾谷の桜。
画像





雨風の日や、所用の日があったので、次の、桜見て歩きは4月9日になっちゃいました。^_^
天津彦根神社さんの桜も、少し、花が残ってるのもありますが・・・
画像

画像


見事に葉桜になっちゃいました。
画像

画像

画像



畑の辻の方に行って見ます。
大滝口の、大滝地蔵尊さまの桜です。
画像
背景がイマイチですが、左端にある宝篋印塔、説明・解説はありませんが、清光寺さんの宝篋印塔と比肩するものです。

花の部分を少し大きく。
画像


違った角度から・・・
画像
桜の下、先が四角錘の石柱。これ、戦死された方の墓石なんです。
子供の頃、「咲いた花なら 散るのは覚悟 見事散りましょ 国のため」と、無邪気に歌ってましたが・・・
哀しい時代でした。



畑の辻で、八重の桜が満開になってました。
画像


チョコット大きく。
画像



大住宅街・日の峰に、畑の辻緑道があります。
その緑道にも、名残の桜が・・・
画像

画像


白い桜も。
画像




4月10日
保育園の桜・・・
画像


古民家の桜・・・
画像



六条八幡さんの桜も、雨風でこんなになっちゃいました。
画像

画像

画像


万葉の歌に、こんなのがあります。

           春雨者 甚勿零 櫻花 未見尓 散巻惜裳

           春雨は いたくな降りそ 桜花 いまだ見なくに 散らまく惜しも


画像


おしまい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 71
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
桜見て歩る記の続編があろうとは思いもよりませんでした。
山田の里の桜はなかなかしぶといですね。(笑)
4月4日といえば、神戸あたり(北区を除く)ではもう桜は終わっていたんじゃないかと思います。
天津彦根神社では散り始め、保育園や古民家ではなんと満開でしたか。
志染川沿いの枝垂れ桜も満開!
そして、坂道に咲く桜がお見事です。
丹生宝庫の桜、石仏とのコラボが最高ですね。
その後、桜の花びらの絨毯にビックリです。
きれいですね〜。
4月9日になると、天津彦根神社の桜は葉桜になりました。
大滝地蔵尊さまの桜で、悲しい時代と桜の悲しい一面に思い至りましたね…。
最後の六条八幡さんの三重塔が絵画のように見えていいですねぇ。
芭蕉や西行が登場し、万葉集の歌を引くなど格調高い記事でした!
トンキチ
2018/04/14 08:31
トンキチさん
いつも有難うございます。
ハイ、山田の里の桜もしぶといでずか、てくてくもシツコイ。

そうですね。天津彦根神社さんの桜、北西側が森で、東南に開けて日当たりがいいので、開花も散るのも他より早いようです。

枝垂れも坂道の桜も、近畿自然歩道・太陽と緑の道のコースで、あまり訪れる人いないんですが、毎年、綺麗に咲いてます。
桜と石仏、なぜか、似合いますねぇ。^O^

花びら、風に吹かれて、低い所に集まって、絨毯みたいになってました。散って間もないんで、色鮮やかですが・・・

ハイ、その昔は、桜、潔く散る・・・ってんで、変な方に利用されて。桜も、迷惑だったと思います。

三重塔、有難うございます。たまたま、良い時期に撮れました。

アッ、知ってる歌や句、総動員で・・・お恥ずかしい。
                                  てくてく
てくてく
2018/04/14 17:22
確かに、4月4日といえば、桜の有名スポットは、高地や冷地を除いて、散り始め〜葉桜でした。
山田の里は、やっぱり、高地の部類ですか?
桜の種類が、サトザクラ系なんかなぁ…
今年のように、桜が走りまくってた時に、ゆっくりと楽しめるのはイイですね。(^^)

「さまざまな 事おもいだす 桜かな」
うーん…イイですね。
てくてくさん、心に沁みるんとちゃいます。
今まで、色んな事をやり過ぎてきたから。(^^)
エッ?まだ、やり足りない!

志染川沿いの枝垂れ桜、スゴイじゃないですか!
背景に流れを入れて…
さが、お上手。(^^)

「坂道に咲く桜」、イイ所に立ってますね。
とっても、目立ってます。(^^)

石仏様と桜、良くお似合いです。
「咲きそろう 花のあるじや 石仏」

前回の、石仏様をボカしてる方が、この句には合いそうですね。(^^ゞ

「朝雅 夕べは哀し 桜花」
素晴らしい桜花の絨毯。
って、こんなに積もるんですか?
それも、まだ、綺麗な状態やから、この句はピッタシですね。
なんか、女性に対しての句のようにも聞えますが…
朝は、あんなに(化粧で)綺麗な顔やったのに、夕には(化粧が剥げて)、元の顔に戻ってる。
…ちゃう!
心にも、そんな解釈は浮かんでません!(^^ゞ
yoppy702
2018/04/15 16:52
yoppyさん
いつも有難うございます。
そうですねぇ。平野の桜、葉桜ですけど、山田の桜は、まだ、頑張ってます。高地?なんですかねぇ。でも、散るのは早かったです。^O^

ハイ、色々、悪業の限り・・・イエイエ、そんな事ありません。
まあ、命ある限り、まだまだ、やりますよ。

枝垂れ、綺麗でしょ。でも、対岸から見ると・・・アッ、いわんとこ。^O^

坂道に咲く桜、道からは大した事ないんですが、対岸から見ると、存在感ありますね。笹や、灌木の中に、1本なんで、目立ちますね。

山も似合いますが、石仏さまとも、似合いますねぇ。前回の句、ヤッパ、ボかした石仏さまの方がいいですか。

桜花の絨毯、微風に乗って、低い所に集まるんですね。散って間もない花びらなんで、綺麗です。

ン〜そうかも!!
アッ、イエイエ、そんな事、毛頭思ってません。クワバラ・クワバラ・・・
                                  てくてく
てくてく
2018/04/15 19:19
古民家と桜は相性が良いですね。
枝垂れのピンクがやはり愛らしいと思いますが、
対岸から・・のコメント気になります!(^^)!
てくてくさんは、健脚なんでしょうね。
羨ましいですが、私も自分なりに積極的に歩くように
心がけたいと思います。
つばさ
2018/04/16 09:07
4月10日だと、この近辺も終わっていたので、桜最終章ですか?
同じ4月4日で、天津彦根神社と保育園の桜でこんなにも違いますか。
品種の違いでしょうか。

「さまざまな 事おもいだす 桜かな」
って、芭蕉さん、ごく普通の句も詠むんですね。
分り易さで、群を抜いてますけど^^)

数百年前にも野生の桜はあったでしょうけど、西行さんの頃にこんな桜は無かったでしょうね。
歴史ある桜がこの辺りに欲しいです。
山田の里に淡墨桜があれば・・^^)
満員の樽見鉄道に1時間の乗車はキツイです。

丹生山系を背景に、坂道に咲く桜がいいですね。
嘗ての明要寺参道取り付きにある、石仏と桜もいい雰囲気です。
山田の里の地域紙に載せて欲しい♪

八重咲のヤマザクラは実際にあるそうです。
平成6年に員弁郡東員町で発見されました。
世界に2本しかないことから、東員町の名を冠して、
「東員八重山桜」だそうですが^^;
世界で3本目かも!

「朝雅 夕べは哀し 桜花」
花〇献上です!
真似して、
「朝雅 夕べに落とす 花絨毯」
お粗末。

微に入り細に入る撮影、お疲れ様でした。
アルクノ
2018/04/16 15:46
つばささん
いつも有難うございます。
ハイ、桜と古民家よく合いますね。逃がせませんねぇ。^_^
枝垂れ、良いですね。
対岸からねぇ。まあ、云わぬが花って事に・・・
健脚って程ではないんですが、昔、山登ってたんで、歳の割には歩ける方ではないかと思ってます。^O^
アッ、積極的に歩くの、良いですね。一日一歩、三日で三歩・・・
                                  てくてく
てくてく
2018/04/16 16:47
アルクノさま
いつも有難うございます。
そうですねぇ。里に咲く桜、ほぼ、終わりでしようね。

天津彦根神社さんと保育園の桜、品種の違いもあるんでしょけど、日当たりと風当たりのちがいの様な気がします。

ハイ、芭蕉さん、分り易い句多いですね。この句も、普通の事を普通に・・・^O^

山田の里に歴史ある桜ですか。ン・・・
義経さんや弁慶さん、通った時にお手植えしてくれてたら、良かったんですけどねぇ。
根尾谷ですね。近年、有名な桜の名所、皆さん殺到しますねぇ。^O^
てくてくが、根尾谷に、桜、見に行ったの、昭和30年頃。空いてました。

坂道にさく桜、自然歩道からは、大した事ないんですけど、志染川の対岸から見ると、堂々としてて、映えますね。

アッ、八重咲き山桜、世界に2本ですか。
今日も、写してきましたが、八重咲き満開になってました。3本目だと良いんですが。マサカ・・・

アッ、朝雅 夕べに落とす花絨毯・・・ですか。いいですねぇ。
有難うございます。ヤット、今年の山田の桜の項、終わりました。^_^::
                                  てくてく
てくてく
2018/04/16 17:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・桜 見て歩る記 てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる