てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋!!

<<   作成日時 : 2018/10/12 09:58  

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 12

10月になり、山田の里も一段と、秋らしくなってきました。
画像



平成30年10月12日記  
六条八幡宮のイチョウ、色づいてきました。
画像


本殿の背後、季節に関係なく、いつも、この姿です。
孤高の枯木。^O^
画像



ススキは、秋陽に白銀色。
画像

画像

画像



又、雲と空です。^O^:
暗雲が、チョコット明るく。
画像


だんだん、秋らしい雲と空になって来ました。
画像

画像

画像



茅葺の古民家。
画像
ポツンと一軒家だと、絵になるんですが、電信柱などあって、イマイチです。^O^


天津彦根神社の桜も、紅葉してきました。
画像


見上げると、青空と白い雲とのコラボ。^_^
画像



ヤマバト(キジバト)くん、お食事中。
画像
よく見ると、嘴の先、籾をくわえてます。

カワウくん、羽根のお手入れ中。
画像


ン・・・
画像
誰だ、断りなく、写真撮ってるのは・・・
ゴメン・・・^O^


棚田の稔り。
画像


山田の里、奥の方は、まだ、稲刈りは終わってません。
画像

画像


農道にカマキリくん。
「お主、何者だ」って、睨んでます。
画像
向かって左の触角、途中からないですね。


タンボの間に、菊畑。
画像


その近く、コンバインで農作業。
画像
高齢者ばっかりです。

タンボの向こう、一番奥の山々が、六甲連山です。
画像
タンボ、よく見ると、色が違います。
黄緑色は、稲穂のタンボ。緑色は、稲刈りが終わって、切株から稲が伸びてきたタンボ。そして、褐色かがったタンボ。これ、休耕田と云うか、廃田予備軍なんです。

判りやすい別のタンボ。
画像
印の所が、休耕田です。

「三ちやん農業」って、言葉があります。

「高度成長期の頃(1960代)、専業農家の働き手「とうちゃん」が、勤めに出たり出稼ぎに行ったりで、農作業をするのは「じいちゃん」・「ばあちゃん」・「かあちゃん」になり、で、三ちゃん農業。
その後、「かあちゃん」も勤めに出る様になったりして、二ちゃん農業になり、一ちやん農業になり、そして誰もいなくなって、タンボは、休耕田・廃田予備軍になっちゃった。」・・・でなければいいんですが。
山田の里も、休耕田が少しずつ増えてきてる様な・・・


アッ、そんな話は、置いといて・・・

コスモス(秋桜)が、あちらこちらに咲いてます。
画像

画像

画像

画像

画像


コスモスの歌と句を・・・

               大空の 青きとばりに よりそひて
                     人を思へる こすもすの花
                                   晶子

               コスモスの 花咲きしなひ 立もどり
                                   虚子

               コスモスの 淋しさ誘ふ 糸葉なる
               コスモスの 紅のみ咲いて 嬉しけれ
                                   石鼎

おしまい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 67
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
良いですね、里の秋!のんびり感が伝わってきます。
でも、やっぱり、コスモスが好きです。
コスモスに寄せる思いも、愛・哀・・さまざまですね。

今回は、マイブログへのアドバイス、ありがとうございました。
脳の方も危ない年頃になりましたので、
これからもよろしくお願いします!(^^)!
つばさ
2018/10/12 19:54
つばささん
いつも有難うございます。
大規模住宅地近くの、これと云う物もない農村地帯ですが、開発の手も伸びず、のんびりした農村地帯です。

そうですねぇ。コスモス・秋って、おっしゃる様に、様々な感情を生む季節ですねぇ。

イエイエ、てくてくも、ショッチュウ、手が滑って、チヨンボしてます。
絵や写真や、色々なクラブ・教室に参加されてる様ですので、危なくはないですよ。
^_^
こちらこそ、宜しくお願いします。
                                てくてく
てくてく
2018/10/12 21:11
前記事では、青い田圃の後が、スグ、稲刈り後の田圃やったんで、稲穂は?と思ってたんですが、これで安心しました。
やっぱ、黄金色の風景はイイですね。(^^)

イチョウも、もう、こんなに色付いてるんですね。
こちらは、まだ、青いです。

ススキもあって…
山田の里は、表情が、ホンマ豊かや。
それに、空が…
こんな楽しそうな雲が見れるのも山田の里ならではなのかも。(^^ゞ

「棚田の稔り。」…
さすが、てくてくさん、お上手。

「三ちやん農業」って、ガッコーで習いましたが、続きがあったんですね。
「二ちゃん農業、一ちゃん農業」
そして、ゆくゆくは、休耕田。
今は、ここまで教えてるのかなぁ…

コスモスの写真も、お見事!
青空に顔を向けている姿、イイですね。(^^)
「晶子」って、与謝野晶子ですね。
まるで、てくてくさんの写真を歌ってるようや。(^^)
yoppy702
2018/10/13 01:01
yoppyさん
いつも有難うございます。
ハイ、この時季、チョット、間を置くと、稲刈りが終わっちゃって・・・^O^:
そうですね。稲穂の垂れる風景。日本の秋ですね。^_^

イチョウ、色ずいてます。標高200mちょっとの山村だからでしようかねぇ。^O^

まあ、何にもない所ですが、山に囲まれた農村地帯なんで・・・空も綺麗ですし、日本の農村原風景に近いかもしれません。

有難うございます。上手い事、段々畦の所に稲穂が垂れてたんで・・・^_^

てくてくは、昔、農村に疎開してて、当時の農業を見てるんで・・・
当時は、壮年の男子、若者が田畑で、働いていて、タンボに草など生えてるのを見た事ないほど、美田でしたが、今、山田の里のタンボを見てると、草は生えてるし、なんか、籾の膨らみも、イマイチの様だし。
機械化で、一ちゃんでも、農作業できるようになったからでしようかねぇ。
機械化でも、酒米の契約田なんかは、手間かけて、いいお米作ってるんですが。

休耕田、だんだん、増えてきてます。
お米作って売っても、耕運機・田植機・コンバインなど、農機の購入費を払うと食べるのがやっとで、農業やめて転職する人もいる様です。

ハイ、与謝野晶子さん、コスモス、旨く詠みますねぇ。
流石、一流の歌人です。
てくてくの写真・・・格落ちですよ。
                                 てくてく
てくてく
2018/10/13 16:47
青空と白い雲のコラボがとても綺麗です。
この時期は日中も夜も空を見上げることが多く、やはり一年で一番素敵な季節を実感できますね。

キジバトくんも稲刈りが終わったあとの田んぼに行けば籾を食べられるというのを学習しているのかもしれませんね。
三ちゃん農業。なんか、せつないですね。
日本ってもともと農耕民族で資源の乏しい国だったのに工業・産業の発展で世界第三位(二位だったのに習近平めっ)の経済大国になり、その財力で資源の調達が叶い、農業や林業が疎かにされつつある現状...それが廃田予備軍に拍車をかけているのですね。

などと見苦しくボヤいている私を諫めるようなコスモスの爽やかな美しさ。
アッコちゃんが「人を思へる」と詠んだ相手はテッちゃんだったのかな(笑)
テンプル
2018/10/13 16:49
テンプルさん
いつも有難うございます。
秋の空、綺麗ですね。白い雲や紅葉があると、一段と引き立ちますねぇ。

キジバトくんをはじめ、スズメくん・カラスくんなども、来てますね。
コンバイン脱穀なんで、おこぼれが多いんだと思います。^O^

そうですねぇ。一次産業って、大事だと思うんですが、5K(キツい・稼げない・結婚できない・汚い・かっこわるい)とも云われて、敬遠されるようですね。
稲作専門だと、農機にお金かかって、賦払いに追われて、家計厳しいらしいですし。年1回しか収入がないんで、日銭・月銭を求めて、勤めに出ちゃうんですねぇ。
で、稲作、辞めちゃうか・・・てなことにならない様に、何とかしなくっちゃ。
てくてく、が云っても、ショーがないんですけど。

コスモス、いいですねぇ。
エッ、テッちゃんを想って、詠んだんですか?
                                 てくてく
てくてく
2018/10/13 17:50
こんばんは〜
山田の里は10月なっての稲刈りなんですね。
見るところ、台風の影響なかったようで、きれいな稲穂!

月田は9月末稲刈り終わってましたが、天日干しの所は、稲が悪天候続きで長く乾かず稲が変色して大変だったようです。
なので他の田んぼはコンバインで早く作業終わらせてました。

動力とお金かかるのにお米は安いし、
田舎の人は「米なんぞ作るものでない!」とボヤいてました。
でも先祖の土地荒らす訳にはいかんし。。と。
厳しい稲作事情あるようですね。

岡山の両親生前田んぼしてたので、平戸で田んぼなくて岡山で初miyoも鎌で稲刈りし束ねて天日干しの手伝いしてたんよ〜筋がいいって言われました。
よく蛇出てきて逃げ回ってましたけど。。

三ちゃん農業って初めて聞きました。なるほど〜!
そうそう、稲刈りの後は鳥達のの楽園ですね!

ススキも随分開いてるし、コスモスも満開〜
てくてくカメラマンで、コスモスほほえんでるね〜


miyo
2018/10/13 21:01
miyoさん
いつも有難うございます。
ウ〜ン、てくてくの近くは9月で終わってるし、離れた所は、まだ、稲刈りしてるし・・・栽培する稲によって違うし。酒米は、もっと、遅いし・・・
雨風の影響は、なかったみたい。

そうだねぇ。天日干しは、雨と曇りが大敵だね。変色すると商品価値が落ちるし。
コンバインでやると、手間はかからいんけど、乾燥してないんでチョット品質に問題あるし。うまくゆかないねぇ。

ホント、稲作だけだと大変みたい。

エッ、稲刈りやつたの。筋がい良かったの。月田でタンボやってって云われなかったの。^O^
まあ、蛇はつきもんだから。ヘビくん、旨いっ話だよ。

三ちゃん、今は、一ちゃんかも。農業どうなるんですかねぇ。

コスモス、モデルさんになってくれて幸せ。
                                てくてく
てくてく
2018/10/13 21:36
今は三ちゃんではなく、一ちゃん農家なんですか。米作り農家もなかなか大変なんですね。
機械での農作業は大雑把なんですね。おかげで鳥さんたちがおすそ分けにあずかっているようで。
カマキリのメガネは緑なんですね。じっくり見たことがなかったです。
菊は出荷用なんですか?
コスモスは青空が似合うなぁと思いましたが、考えてみるとひまわりもススキも青空が似合いますね。雲も青空だと白く輝きますしね。
やはり青空はすごい!
すずりん♪
2018/10/16 21:53
すずりん♪さん
いつも有難うございます。
ハイ、多分、二ちゃんか一ちゃん。壮年の男性や男性の若者は、見かけませんね。
そうですね。コンバインは効率的ですが、乾燥も脱穀も雑ですねぇ。トリさん達は、ラッキーかも。^O^

カマキリくんの目、小粒な宝石みたいですね。綺麗です。

菊、多分、出荷用だと思います。山田の菊と云われて有名なんだそうです。
北区の花は、菊だそうですよ。^_^

そうですね。コスモスをはじめ、花さんは、青空をバックにすると、映えますね。
それに、白い雲が加わると、一段と・・・絵になりますねぇ。^_^
                                  てくてく
てくてく
2018/10/16 22:56
みごとなお写真の数々に秋を感じました。
空の色とコスモスの色のコラボレーションが
とても美しいですね♪
小枝
2018/10/19 00:50
小枝さん
いつも有難うございます。
ホント、秋ですねぇ。秋を演出してくれるモデルさんたちに、感謝です。^_^
青空にコスモス、良く似合いますねぇ。美しいですね。
                                  てくてく
てくてく
2018/10/19 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋!! てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる