播磨の国・加西探訪 三口町

西笠原町の南側、三口(ミクチ)町の探訪です。
IMGP7559.jpg
記事、かなり長いです。
道順の詳細や寺社等の場所は、「Googleマップ」&「いつもNAVE:ゼンリン地図」でご覧下さい。



令和元年11月5日  
笠原神社さんから西へ。
善坊交差点近くの、三叉路に来ました。
IMGP7746.jpg
三叉路の左の道です。

巡礼道は、右のこちらの道です。
IMGP7747.jpg


三叉路からすぐ、県道43号の向こうに、道で囲まれた三角地帯があります。
ここから、三口町になります。
IMGP7504.jpg
巡礼道は、左側の道です。

三角地帯の、巡礼道側の道しるべ。
IMGP7511.jpg


巡礼道側から。
IMGP8058.jpg


南面を大きく・・・
IMGP7507.jpg


東面。
IMGP7508.jpg


西面
IMGP7510.jpg



県道43号沿い右側隅に・・・
IMGP7505.jpg
薄くて読みにくいですが、下里村道路元標です。


三角地帯の奥、道を隔てて石仏さま。
IMGP7513.jpg
右の道が、巡礼道です。

大きくします。
IMGP7514.jpg
地蔵坐像さまではないかと思います。

この石仏さまも、道しるべです。
チョット失礼・・・^_^
IMGP7750.jpg
読みにくいので、指でなぞってみました。
右 法花山・・
左 たかさご
・・・みたいです。^_^:


巡礼道を行きます。
IMGP7515.jpg
巡礼道は、国道372号の北側を並走してます。

少し行くと、左下、国道372号沿いに石柱。お墓???
IMGP7752.jpg


ヤッパ、お墓でした。
IMGP7753.jpg
文化・文久の頃の墓石ですが。
国道とタンボに挟まれて、居心地悪そうですね。

チョコット、長閑風に・・・^_^
IMGP7758b.jpg



その先、右手に・・・
IMGP7516.jpg


石碑です。
IMGP7517.jpg
薬師如来堂建立と彫られています。

お薬師さまのお堂?
IMGP7518.jpg


お薬師さま?
IMGP7518b.jpg

IMGP7520.jpg


右側のお堂。
IMGP7521.jpg

IMGP7522.jpg


真中。
IMGP7524.jpg
坂東三十三観音札所・大悲山笠森寺ですから、十一面観世音菩薩さま。

右側。
IMGP7523.jpg
高野山金剛峰寺のご本尊は、薬師如来さまと思いますが、この石仏さまは、お大師さまみたいですね。

左側。
IMGP7526.jpg
四国八十八ケ所霊場十九番札所・摩尼院立江寺ですから、ご本尊は延命地蔵菩薩さま。
智妙比丘尼って・・・???


又、少し行くと、三叉路に道しるべ。
IMGP7761.jpg


東面
IMGP7763.jpg
右 飛(?)ろみ袮・・・☞ひろみ袮・・・
左 本(?)つけ山・・・☞ほつけ山・・・
「ひろみ袮・・・」は、黒田官兵衛所縁の姫路市・廣峯神社でしようね。
「ほつけ山・・・」は、26番札所・法華山一乗寺。
右の道は、すぐ先、草叢で通行止になってますが、姫路から丹波篠山への、丹波道ではないかと思います。
国道372号は、さしずめ、新丹波道・・・

右面。
IMGP7764.jpg
天保十五甲辰臘月・・・
臘月は陰暦12月ですが、天保15年12月2日に、弘化に改元されてるようなので、天保15年12月は1日だけ。ン・・・天保年間、最後の貴重な道しるべジャン。

左面。
IMGP7765.jpg
多分「南無阿弥陀仏」

背面。
IMGP7766.jpg



道しるべに従って左へ行くと、国道372号に出ます。
国道を隔てて蔵元。
IMGP7769.jpg
富久錦さんで、天保10年創業、銘柄は「瑞福・播磨路・播州古式」などです。


横断歩道を渡ると、国道から左に入る道の角に道しるべ。
IMGP7528.jpg
右は、すぐ、国道372号と県道206号の分岐、三口西交差点です。

正面。
IMGP7529.jpg


右面。
IMGP7530.jpg


背面。
IMGP7532.jpg


左面と背面。
IMGP7533.jpg
昭和3年の道しるべですね。
施主、神代鶴醸造場・稲岡耕作の刻銘があります。
富久錦の社長さんの姓は、稲岡さん。神代鶴醸造場って、富久錦さん???
ところで、施主は判るんですが、周旋人って???


道しるべに従って行くと、すぐ、お堂があります。
IMGP7535.jpg


地蔵堂と思うんですけど・・・
IMGP7536.jpg

IMGP7537.jpg

IMGP7538.jpg

IMGP7539.jpg



その左側に、順礼橋の標石。
IMGP7542.jpg

IMGP7540.jpg

IMGP7541.jpg



順礼橋です。
IMGP7543.jpg

IMGP7544.jpg



順礼橋を渡って右へ行くと、すぐ、県道206号の法華橋南詰に出ます。
IMGP7545.jpg


新巡礼道の、県道206号を南に行きます。
少し行くと、左へ分岐する道の角に、道しるべ。
IMGP7546.jpg


南面。
IMGP7548.jpg
右 きよみ・ 
左 ひめ・
「右 きよみず」で、25番札所の播州清水寺さんでしようね。
「左 ひめじ」ですね。

東面と南面。
IMGP7549.jpg


西面。
IMGP7550.jpg


西面と北面。
IMGP7551.jpg



時計を見ると、13時。
ここで、フト、気が付きました。行程表は、6月に作った夏バージョンで、一乗寺へ行く様に組まれています。
・・・がぁ、今、11月で日暮れが早い。一乗寺にお参りして、写真撮ってると、日が暮れてしまいます。^O^
・・・で、予定変更。、三口町から倉谷町、北条鉄道・田原駅に変更。^O^::
これでも、多分、日暮れまで、いつぱい、いっぱいの行程。
お昼、まだだけど、歩きながらオニギリ食べるしかないなぁ。



500mほど東の、大歳神社さんへ向かいます。
大歳神社さんの北側に来ました。
IMGP7552.jpg


玉垣の近くにある石碑。
IMGP7553.jpg
頌徳碑です。
ン、天台座主大僧正孝永って、第247世梅谷孝永大僧正??? スゴー・・・。
なんの頌徳碑か、背面を見るの忘れました。


大歳神社さん境内です。
IMGP7554.jpg
広い境内は草原。隅の方に社殿が見えます。

社殿です。
IMGP7555.jpg


神社正面です。
IMGP7556.jpg
神國・日本が崩壊して70年余り。神社さんも苦難の時代ですね。


若一王子神宮さんの森が見えます。
IMGP7558.jpg


大歳神社さんから南東に約200m、若一王子神宮です。
IMGP7560.jpg
神社名「いつもNAVE:ゼンリン地図」では、若一王子神宮。「Googleマップ」では、速玉男神社です。^O^

神門、右側の石燈籠。
IMGP7583.jpg
文化五辰九月吉日(1808)の刻銘。

左側の石燈籠。
IMGP7584.jpg
天保十五辰四月吉日(1844)の刻銘。

拝殿と幣殿正面。
IMGP7561.jpg

IMGP7567.jpg


本殿と幣殿。
IMGP7569.jpg


拝殿前の石燈籠。
IMGP7562.jpg
明治三十七年甲辰二月建之の刻銘。

狛犬くん。
IMGP7564.jpg

IMGP7566.jpg


正面から・・・
IMGP7565.jpg


境内社。
IMGP7570.jpg


対の石灯籠と、木の影の岩。
IMGP7576.jpg


石燈籠アップ。
IMGP7571.jpg

IMGP7574.jpg
大正三年五月吉日の刻銘。

岩がご神体?
IMGP7575.jpg


記念植樹の碑。
IMGP7577.jpg

IMGP7578.jpg
裕仁親王(昭和天皇)のご成婚は、大正12年の予定でしたが、関東大震災で延期され、大正13年1月26日ですが・・・


若一王子神宮さんから、南、約500mの山裾に向かいます。
集落を出て、タンボの中の一本道を、オニギリを食べながら行きます。^_^::

山裾に来ました。
分岐に、道しるべ。
IMGP7586.jpg

IMGP7587.jpg


北面。
IMGP7589.jpg


右 か古川(加古川)
左 浄土寺
浄土寺は、ここから、東、約11Km、小野市にある、お寺さんで、浄土堂と阿弥陀三尊(快慶作)が国宝です。

西面と北面。
IMGP7590.jpg
願主と坂本は読めますが、願主の名前は、土の中で判りません。^_^:

東面と北面。
IMGP7591.jpg
安永十丑・・(1781)ですねぇ。


左(東)へ行きます。
すぐ、道は左に曲がりますが、右側の溜池の土手に登り、東に行って県道43号に出ます。
県道を、南へ登って行きます。

右手の溜池の奥、水面の一部分がキラキラ。
IMGP7594.jpg


近くの水面でも、一部分がキラキラ。
IMGP7595.jpg
キラキラ光らせてる正体は・・・
ハイ、オサカナくんです。^O^


溜池の向こう、加西北部の山々。
IMGP7596.jpg


倉谷町に入ります。
IMGP7597.jpg

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 93

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ポジティブオーラ

    昔の巡礼道の雰囲気がそのまも残っているような
    ところですね!
    この辺りだと、播州清水寺や法華山一乗寺など
    を目指す巡礼が多かったのでしょうか?
    関西では西国や四国の巡拝石仏を見かけることが
    多いですが、板東巡礼の石仏が祀られているのは
    初めて見ました。
    秋の風情がピッタリのところだと感じました。
    2019年11月18日 08:43
  • yoppy702

    舗装された道でも、天気が良いので、こんな所を歩くと気持ち良さそうです。
    それに、昔ながらの道標やお地蔵様が沢山あるので…巡礼してるみたい。(^^)
    と思ったら、「巡礼道を行きます。」って書いてあった。(^^ゞ

    372号沿いのお墓…
    TVの時代劇なんかで、墓地で無い所に弔ってるシーンがありますけど、昔は、居心地の良い場所やったんかもれませんね。
    きっと、
    「住み心地が悪うなりましたなぁ…」
    「ほんまでんなぁ…」
    なんて、お喋りをされてるかもしれませんね。

    「又、少し行くと、三叉路に道しるべ。」
    この道標だけで、色んな情報を読み取る、てくてくさんに感心です。
    <国道372号は、さしずめ、新丹波道・・・>
    <天保年間、最後の貴重な道しるべジャン。>
    もう、大学の教授さんですね。(^^)

    蔵元さんで、自分へのお土産は買わなかったんですか?(^^)

    「巡礼橋」→「順礼橋」という標記なんですね。
    順礼も同じ意味やったんですね。
    知らんかった。(^^ゞ

    歩きながらオニギリ…
    タンボの中の一本道を…
    もう、山下清の世界ですね。(^^)
    2019年11月18日 09:55
  • てくてく

    ポジティブオーラさん
    いつも有難うございます。
    そうですね。全体的に、長閑で静かな道です。
    ハイ、25番札所から、26番札所への巡礼道で、昔は、巡礼さん、多かったと思いますが、今は、この道、歩いて辿る方、殆ど、いらっしゃらないんではないかと。

    そうですね。西国巡礼道に、坂東三十三観音札所の観音様がいらっしゃるの、珍しいでしょうね。
    秋の巡礼道、いい雰囲気だと思いました。
    2019年11月18日 19:19
  • てくてく

    yoppyさん
    いつも有難うございます。
    お天気はいいし、車はたまに、人は全然なんで、のんびり気持ちよく歩けます。
    そうですね。お地蔵さま、道しるべ、お堂など、手をあわせて行くんで、まさに、巡礼道。^_^

    国道とタンボの間のお墓、昔は、巡礼道とタンボの間にあったんでしょうが、国道で分断されて、こんな事になったんだと思います。
    ホンマ、そんな、おしゃべりしてるでしようね。

    三叉路の道しるべ、なかなか、興味ある道しるべです。
    丹波道は、昔、チョット、姫路にいた事あるんで、知ってました。^_^
    イエイエ、元号をスマホで検索して、天保は、15.12.2に弘化に改元されたのを知ったんで、天保年間最後の道しるべと思っただけでして。^O^
    大学教授???
    イエイエ、滅相もない・・・

    ハイ、蔵元に寄りたかったんですが、時間がおしてるのと、重たいのを何時間も持って歩かなければならないんで。又、車で来てみます。^O^

    そうですね。今は、巡礼ですが、昭和初期までは、順礼の様です。

    歩きながらのオニギリですね。
    昔、山でしごかれてた時は、たまぁ~に歩きながら食べてました。
    久しぶりに、歩きながら食べました。
    コンビニのオニギリ、チャント握ってないので、ボロボロとして、食べにくかったです。パンの方がいいですね。

    山下画伯の世界ですか?
    ン~、画伯にあやかって、写真、有名になったらいいんですけど。無理ですねぇ。
    2019年11月18日 19:53
  • miyo

    こんばんは~
    今回も石仏沢山見れましたね!
    道しるべに指の形で示してるのって見た事ない!よく有るの?
    これも古いのに掘った人お見事ですね!

    何度も「きよみ」って出るので名前?と思ったが「きよみず」ね。立杭焼き近くのあの清水寺の事かしら?

    田んぼにお墓。。稲作を見守ってる。。田んぼサボれないね~!
    巡礼橋書いてる、昔は四国の様に巡礼道だったんですね!
    食事する間も無く巡礼されてて、てくてくさん行者さんなったね!
    歩くおにぎり美味しかったかな?お茶は止まって飲んだよね!
    歩きながら飲むのって至難の業!


    2019年11月18日 22:20
  • 藍上雄

     播磨の国本当に石仏や石碑が多い所ですね。一つ一つ読み解いて行くだけでもかなりの労力が必要に思えます。智妙比丘尼(ちみょうべくに)って調べてみました。知恵によって苦を救う尼さんらしいです。(観音様と同じ?)
     現在はどうか分かりませんが、巡礼のコース今のいるのでしょうかね。(四国のお遍路さんは有名ですが、どうなんでしょうね?)
    2019年11月18日 22:54
  • winga

    こんにちは。
    こんなにたくさんの道しるべ。そしてお地蔵様。
    昔は細い道がたくさん枝分かれでもしていたのでしょうか。
    迷わないように教えてくれてるんですよね。
    道中を守ってくださる仏様に祈って次の道しるべに。
    てくてくさん、よく歩かれるからビックリです。
    私が一緒だったら、峠の茶屋でお団子ばっかり食べてますよ(^_^;)
    2019年11月19日 15:49
  • てくてく

    miyoさん
    こんにちは。
    いつも有難うございます。
    ハイハイ、アチコチ、草の中の見にくい所に、いらっしゃいます。
    指さしの道しるべ、あんまりないですねぇ。お寺の参道では、たまに、見かけるけど・・・
    彫るのに手間かかりるよねぇ。ヨーやる。

    「きよみ」ねぇ。下の方、埋まってたり、草の中だったりして、見えないもんね。
    ハイ、立杭の西、25番札所の播州清水寺さん。

    ソダネー、お墓に、今年も稔ったよーって、見せないとダメだもんね。

    順礼橋までは、多分、昔からの順礼道だと思うよ。いまも、西国巡礼案内地図みると、同じ道だよ。
    行者さんねぇ。そんな、いいもんじゃないよ。行程表、作り直さずに、夏バージョンのままで来たので、罰があたったんだねぇ。自業自得。

    歩きながら食べるの、結構、美味しいよ。昔、よそのタンボの畦の柿とって、食べながら逃げたの、思い出した。

    お茶はね、背中のザックから、くだで、チューっと吸うから、大丈夫。
    2019年11月19日 16:50
  • てくてく

    藍上雄さん
    いつも有難うございます。
    ハイ、加西は、高室石の産地だったので、特に、多いのかもしれませんが、あちらこちらに、仏様や道しるべなどありますね。
    その場でもできるだけ読む様にしてますが、時間をかける訳にはゆかないんで、難解なのは、帰ってから写真で解読してます。でも、分らないの多いですね、昔の字は、難解です。

    智妙比丘尼さま、お調べ頂いて有難うございます。
    石仏さま、ご本尊の、延命地蔵菩薩さまではなくて、智妙比丘尼さまの様ですね。

    西国順礼路も、四国遍路路も地図ありますので、今も、あるようです。どちらも、歩き順礼、歩き遍路だと、相当な日数がかかりますが・・・
    2019年11月19日 17:03
  • てくてく

    wingaさん
    いつも有難うございます。
    ハイ、結構、アチコチに道しるべやお地蔵さまありますね、^_^
    そうですねぇ。街道はまだしも、順礼路・遍路道は、細くて分かりにくかったのかもしれませんね。
    殆どの、道しるべ、西国や四国、東国などを順礼・遍路された方の恩返しや、無くなった方の供養の為に、建てられています。昔は、道しるべの仏さまに手をあわせて、無事を願って、歩いたんでしょうね。

    ハイ、まあ、そこそこ、歩けますが、最近は、スピードが落ちて、1日の行程距離、短縮しなければならなくなりました。歩くのだけならいいんですが、道しるべ見たり、石仏さま拝んだり、寺社巡ったりしてると、所要時間が読めなくって、悪戦苦闘です。

    wingaさんと茶屋でおだんごねぇ。いいですね。旅は道ずれ世は情け・・・なんちゃって。
    2019年11月19日 17:18
  • トンキチ

    こんにちは。
    善防交差点付近の巡礼道の道しるべは、「きよみづ・ほっけ」とされ、これは西国巡礼の道なのですね。
    清水寺、法華山一乗寺を結ぶ道、まさしく巡礼道を歩く昔の巡礼者が、この道しるべを頼りにしたことは間違いありませんね。
    道しるべがお地蔵さんになったのか、またはその逆か、元々そういうものか、分かりません。
    長閑な場所にある文化・文久の頃のお墓は、子孫の方が守りをされてるんですかね。
    墓石の周りは草ぼうぼうなので、もう無縁墓かも知れませんね。
    加西は小祠、お地蔵さん、石仏、道しるべ、石塔、神社仏閣などが多く残っていて、歴史が感じられます。
    富久錦酒造、たまに行きますが、そろそろ新酒の時期ですね。
    この会社の佇まいもなかなか風情があると思います。
    13時頃から法華山一乗寺に行く予定を変更して正解でしたね。
    ちょっと時間がかかりますから。
    それにしても歩きながらオニギリを食べるとは、凄いですね。
    山ではあり得ることですが…。
    大歳神社から200mに若一王子神宮とは、神社密度が凄いし、石灯籠の年号を見ると、天保や安政の文字があり、もう古いですね。
    今に残っているのは、氏子の方々のご苦労があるのでしょう。
    たくさんてくてくされましたね。
    お疲れさまです。
    2019年11月20日 16:14
  • てくてく

    トンキチさん
    いつも有難うございます。
    そうですね。西国順礼路になりますね。大勢の順礼の方が、この道しるべを見て行かれたんでしょうねぇ。
    お地蔵さま型道しるべ、西国や四国、東国など順礼された方の奉納や、無くなった人の供養のための物が多い様に思います。

    文化・文久のお墓、多分、無縁さんと思いますね。でも、草に埋もれながらも、確りとしてるのは、何方かが、時々、お守りされてるからかとも思いますし・・・

    ホント、加西は、寺社、石造物が多くて、収穫?も多いです。おかげで、行程の所要時間が読めなくて。^O^

    富久錦さん、よく、行かれるんですか。純米醸造の蔵元さんの様ですね。新酒は、11月21日蔵出しだそうですよ。^O^

    一乗寺さん、トンボ返りならいいんですが、途中、寄り道はあるし、一乗寺さんお参りして、境内巡ってると、時間がかかるしで、変更しました。急いでると、見落としありますし。^_^:

    ハイ、タンボの中の一本道なんで、人もいないし、行儀悪いですが、歩きながら食べちゃいました。
    山では、チヨイチヨイやってましたが・・・^O^

    神社さんは多い様に思います。維持するのに氏子さんも大変でしようね。縮小もやむを得ないかと思いました。

    日が短いので、焦ってかなり速足で歩きました。チョット、へばり気味でしたが。^O^::
    また、頑張って歩きます。有難うございます。
    2019年11月20日 21:11
  • すずりん♪

    随分日が短くなりましたね。
    行程表は行先や道順だけ決められているのですか?
    見逃してしまいそうな草の中の道標までしっかり写真におさまっていますが、石仏様や道標まであらかじめ調べてるのですか?
    ぼ~と歩くのではなく、目を見開いて、頭を使って・・・
    たぶん帰宅してからも写真を見ながらいろいろ調べておられるのでしょうね。
    すごいなぁ~
    パソコンでも使っている指差しが、昔の道標に使われているなんて、
    面白いですね。
    2019年11月21日 21:36
  • てくてく

    すずりん♪ さん
    いつも有難うございます。
    ハイ、涼しくなったのはいいんですが、日が短くなると、写真撮る時間が短くなるし、光線の具合が悪くなるので悪戦苦闘です。^O^::

    ハイ、行程は、寺社の場所や、主要な石造物を調べて、場所を地図に記入して、行程を決めています。それ以外の物もありますので、アチコチ、キョロキョロしながら歩いてます。あんまり、頭は使ってませんが・・・^_^::

    そうですね。観光地と違って、由来、説明の類は、ほぼ、ありません。出来るだけ調べて、記事にしてますが、この程度でして。

    パソコンや、駅員さんの指差しですねぇ。^O^
    指差しの 道しるべ、たまぁ~にあります。彫るの手間がかかりますから、珍しい、道しるべの内に入りますね。^_^
    2019年11月21日 22:51