播磨の国・加西探訪 法華山一乗寺(その1)

西国二十六番札所、法華山一乗寺さんへお詣りです。
IMGP7911.jpg
道順や寺社等の場所は、「Googleマップ」&「いつもNAVE:ゼンリン地図」でご覧下さい。



令和元年11月13日  
西国三十三所・二十六番札所、天台宗の法華山一乗寺さんです。
IMGP7875.jpg
他の寺院では、山門があるべき場所ですが、一乗寺さんには有りません。^_^
縁起
「白雉元年(650)法道仙人の開山、孝徳天皇の勅願による官刹である・・・」
長いので、以下省略。^_^::

一番、右に見える標石です。
IMGP7885.jpg


その内側は、道しるべです。
IMGP7883.jpg
右 きよ水寺 八里
左 志よしや山 五里

左端の石柱は・・・
IMGP7874b.jpg
奉納 法花山(元標?)・・・

加西市観光まちづくり協会さんの説明板です。
IMGP8018.jpg



石橋を渡ると、笠塔婆。
IMGP7890.jpg

IMGP7892.jpg


説明です。
IMGP7891.jpg



右側の石燈籠。
IMGP7886.jpg

IMGP7887.jpg
カッコいいですねぇ。^O^
IMGP7888.jpg
寶暦十二年壬午夏五月(1762)の刻銘。



志納金500円を納め、境内に入ります。
立派な標石。
IMGP7895.jpg


モミジが綺麗です。
IMGP7894.jpg


常行堂への石段。
IMGP7896.jpg


登り口の石燈籠。
IMGP7897.jpg



石段を登ると・・・
常行堂(阿弥陀堂)です。
IMGP7899.jpg
聖武天皇勅願建立。天文二十二年(1553)再建。明治初年、再再建されたそうです。
ご本尊は、お堂の名の通り、阿弥陀如来さまでしょうね。

お堂右側に・・・
IMGP7900.jpg


チヨコット、アップ。
IMGP7905.jpg

IMGP7904.jpg


立派な燈籠。
IMGP7898.jpg


句碑だと思うんですが・・・
IMGP7902.jpg
読めません。^O^:


見上げると、三重塔。
IMGP7901.jpg


石段を登ります。^_^:
IMGP7906.jpg


国宝の三重塔です。
IMGP7909.jpg
一乗寺さんのパンフによると・・・
「承安元年(1171)長吏法印隆西、一和上仁西の勧請により造立。同四年(1174)額田部武末の屋根瓦寄進により完成。」
・・・だそうです。

説明板です。
IMGP7907.jpg


塔、横の石仏さま。
IMGP7910.jpg


三重塔の向かいに、法輪堂(経蔵)。
IMGP7968.jpg
寶暦十二年(1762)のもので、平成十年に屋根を葺替えたそうです。

大悲閣(金堂)への石段。
IMGP7969.jpg


石段中程、左の常夜燈を横から。
IMGP7913.jpg
文久元年歳(1861)辛酉秋八月
本州加東郡河合中村・・・
本州だって・・・^O^

中程からの、大悲閣。
IMGP7912.jpg



石段の上、大悲閣に来ました。
石段上から、三重塔。
IMGP7919.jpg


舞台を下から。
IMGP7915.jpg


大悲閣の西端まで行って、三重塔上部。
IMGP7916.jpg


チョコット大きく。^_^
IMGP7918.jpg



大悲閣東側の鐘楼と説明です。
IMGP7914.jpg

IMGP7922.jpg
梵鐘には、「諸行無常 是生滅法 生滅滅己 寂滅為樂」の鐘銘があるそうです。


大悲閣(金堂)の北側です。
IMGP7923.jpg

IMGP7937.jpg
国の重要文化財です。

ご本尊は、聖観世音菩薩さま。
ご詠歌
春は花 夏は橘 秋は菊
    いつも妙なる 法の華山



回廊からの鐘楼。
IMGP7938.jpg


回廊からの三重塔。
IMGP7941.jpg

内陣は撮影できません。合掌して来ました。^_^



大悲閣の北側には・・・
護法堂です。
IMGP7928.jpg
一間社隅木入春日造 鎌倉時代で、仏法守護の毘沙門天をお祀りします。

妙見堂・弁天堂です。
IMGP7943.jpg


近くから。
IMGP7931.jpg


別々に・・・
妙見堂です。
IMGP7932.jpg
三間社流造 室町時代で、国土守護・災害滅徐・福寿増長の、妙見菩薩をお祀りします。

弁天堂です。
IMGP7933.jpg
一間社隅木入春日造 室町時代で、福徳・除災・得勝・音楽を司る弁財天をお祀りします。
以上の三社は、孝謙天皇勅願による創建で、いずれも、国の重要文化財です。


妙見堂・弁天堂の左(西)側にある、行者堂です。
IMGP7935.jpg
仁明天皇勅願により創建され、寛文年間に再建。
役行者と前鬼後鬼の木造をお祀りします。


奥の院・開山堂へ向かいます。
開山堂近く、右上に石造宝塔。
IMGP7960.jpg


枝かぶりなんで、角度変えましたが・・・
同じャ。
IMGP7963.jpg


綱が張られていて、登れません。
下から1基ずつ。
IMGP7961.jpg

IMGP7962.jpg
兵庫県の指定文化財で、鎌倉時代末期の物です。


奥の院・開山堂に来ました。
IMGP7945.jpg


開山堂です。
IMGP7946.jpg
宝形造 江戸時代、寛文七年(1667)建立、平成十年解体修理。
法道仙人をお祀りします。

堂右前の笠塔婆。
IMGP7949.jpg


左側の溝に石橋。
IMGP7950.jpg


横から・・・
IMGP7951.jpg
石棺材の様です。


賽の河原への石段。
IMGP7952.jpg


賽の河原の岩室。
IMGP7955.jpg


チョコット大きく。
IMGP7954.jpg
合掌

左側が賽の河原と思いますが、水が僅かに流れる岩肌が剥き出しで、河原らしき場所は見当たりません。
多分、平成23年の豪雨で、流されたのではないかと・・・
上流には、大きな砂防堰堤がありました。

対岸、少し高い所に、石造九重塔。
IMGP7958.jpg



下ります。
上からの開山堂。
IMGP7959.jpg




開山堂から、流れに沿って放生池へ下ります。
放生池の北側広場には石仏さま。
IMGP7965.jpg


古い石仏さまも。^_^
IMGP7971.jpg



放生池です。
IMGP7973.jpg


池の中のお社。
IMGP7975.jpg

IMGP7976.jpg


見子大神さまに向かいます。

IMGP7974.jpg

つづく



12月4日追記
お詫び
急ぎの所用ができまして、頂いたコメントへのご返事が、1週間ほど遅れそうです。
誠に、申し訳ありません。悪しからず、ご了承下さい。
                                てくてく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 63

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • わけい


    こんばんわ!
    このお寺には国宝もあるのですね。すごいなあ。
    それに無数の石塔もあり、よく長い年月の間、みんな、風雨に耐えて立派に残ってますね。
    誰も写真に写っていませんが、てくてくさんの貸し切りでしたか?
    2019年12月03日 21:45
  • ポジティブオーラ

    秋の一乗寺も深閑としていて良いですね。
    昨年の春にお参りした時には開山堂への道が
    工事か何かで通行止めでした。
    開山堂付近は奥の院と言う雰囲気が強い処
    ですね。
    2019年12月04日 07:28
  • トンキチ

    おはようございます。
    法華山一乗寺へのお詣りお疲れさまです。
    国宝の三重塔が厳然と聳え立つ一乗寺、昔と変わらぬ佇まいと思われます。
    平安末期に建立された日本の十指に入るという古塔の姿に改めて驚いた次第です。
    今から約850年も前に、こんな辺鄙なところに、こんな立派なものを建てるとは実に素晴らしい。
    法道仙人による寺の開基はもっと古く、白雉元年(650年)だそうですから、すごい由緒を持っていますね。
    西国第26番札所に列せられるだけのことはあります。
    大悲閣からの三重塔の眺めもここは京都か奈良かと思うほどの雰囲気が漂いますね。
    境内には紅葉・黄葉も点在し、秋の一日を楽しまれたことと思います。
    法華口から歩いて参拝されたてくてくさんには、きっとご利益が降り注がれる筈です。
    ぜひ年末ジャンボ宝くじをお買いください。
    2019年12月04日 08:56
  • てくてく

    わけいさん
    こんにちは!
    いつも有難うございます。
    ハイ、堂塔では三重塔だけですが。
    古い石仏・石塔など、歳月、風雨に耐えて、残ってました。石って強いですね。^_^
    肖像権???とかで、なにかと問題になるといけないので、極力、人物のアップは、入らない様にしてますが、今日は、数人で、そんな心配せずに済みました。
    巡礼のシーズンになると、凄い人人人になるようです。^O^
    2019年12月04日 16:32
  • てくてく

    ポジティブオーラさん
    いつも有難うございます。
    秋の山寺、モミジも綺麗で、静かで、良かったです。
    アッ、工事中でしたか。残念でしたね。
    水路の補修工事だと思います。

    そうですね。開山堂、奥の院の雰囲気の真ん中・・・って、感じで、良かったです。
    もう、開山堂まで行けますので、お詣りされると良いですね。^_^
    2019年12月04日 16:38
  • てくてく

    トンキチさん
    こんにちは!
    いつも有難うございます。
    ハイ、明るいうちにお詣りして、帰れました。^_^
    古い塔なのに、立ち姿、毅然としていていいですね。
    大悲閣もいいですが、やはり、三重塔が、山内をグッと締めてる感じで、良かったです。
    そうですね。この辺りは、昔、来た時と変わってない様に思いました。

    850年もの前の建物が残ってるって、すごい事です。
    ホントに、由緒ある、深山の古刹・名刹ですね。

    西国霊場の中でも、いい雰囲気のお寺さんの筆頭だと思います。
    大悲閣からの三重塔もいい姿、雰囲気でした。

    ハイ、ミニ巡礼ですが、ご利益あると良いですね。
    アッ、年末ジャンボですか。いいですね。それ、アリですね。^_^
    2019年12月04日 16:53
  • すずりん♪

    一乗寺、さすが見応えありますね。
    常行堂~開山堂どれをとっても重厚で趣もありますね。
    下から見た三重塔、すごいですね。どんなにして木をて組んだのでしょう。
    それに下からも途中からも上からも見られていいですね。
    てくてくさんはいつもしっかりお詣りもされてるのですね。
    この時期はお詣りされると紅葉もついてきて二重に楽しめますね。

    先日衝原湖の横を車で通っていて、ここを走るだけで紅葉が楽しめるなぁと改めて山田の里の美しさを感じました。
    ちょっと入ればあんな立派な銀杏も見られるのですね。
    2019年12月04日 17:57
  • yoppy702

    一乗寺さん、素晴らしいお寺ですね!
    境内も広そうやけど、施設は見ごたえがあります。
    これぞ古刹ですね。
    最初に登場した石の笠塔婆に年代を感じたら、県指定文化。
    そして、石灯籠に歴史を感じたら1762年の刻銘。
    こんなに古いのに文化財じゃないんですね。
    立派な標石に拝観料…
    この辺りのお寺では、かなり有名なんですか?(^^ゞ

    モミジも綺麗けど、「常行堂への石段」は味がありますね。
    笠塔婆にも幟が写ってますが、幟に「日本遺産」とありますねぇ…
    今年の5月20日に、「西国三十三所観音巡礼」で認定されたんですね。

    「常行堂」も素晴らしいのに、文化財じゃないんですね。
    「三重塔」は国宝ですか!
    さすが、近寄れないように囲いしてますね。(^^)
    1174年に完成して、再建された事がないんや。
    国内でも貴重な建築物ですね。

    「鐘楼」江戸時代の建立で文化財。
    鎌倉にも、階上のある鐘楼がありましたが、この様式はイイですね。
    見てると、どれも素晴らしい。(^^ゞ
    ここの500円、お値打ちですね。
    開山堂近くの石造宝塔…これもスゴイなぁ。

    「賽の河原の岩室」…
    画像だけで霊気を感じそう。
    自然と合掌したくなります。
    「天安河原」が頭を過りました。(^^ゞ
    2019年12月05日 10:27
  • 藍上雄

     一乗寺は、本当に山寺ですね。急な石の階段上り下りするだけでも大変だと思います。常行堂、地味ですが風格有りますね。・三重塔も有って立派です。大悲閣には舞台も有るのですね。もしかして七福神のお堂が揃っているのですか・・・?
     石造の宝塔や石仏が多いですね。でも古い姿のままのされた物の様で味わいが有ります。
    2019年12月05日 13:21
  • winga

    こんにちは。
    ここ凄ーい!
    綺麗だし神秘的だし、国宝だし。
    よくご存知ですねぇ。さすがです!
    紅葉の美しいこと。
    階段……多い(泣)
    2019年12月10日 16:46
  • てくてく

    すずりん♪さん
    いつも有難うございます。ご返事が遅くなって、申し訳ありません。

    山中のお寺さんですが、古刹・名刹ですね。
    古い堂塔はともかく、常行堂は、明治初年のお堂らしからぬ、風格と重厚さを持ってますね。いいお堂です。^_^

    三重塔、何処から見ても、趣のあるいい姿ですね。どうやって組み上げげたんでしようね。中に入って見たいですが、国宝で立ち入りできません。^O^

    確り、お詣りですか?どうでしよう。写真バッカ撮らないで、もっと、性根を入れて、お詣りせよ・・・と、いつも、叱られている様な気がして。

    そうですね、紅葉綺麗ですし、お詣りには、いい季節ですね。
    丹生・帝釈山系の山々、紅葉してますね。もうすぐ、冬色になっちゃいます。^_^:
    山田の里、歩いて見ると、所々、いいとこあります。また、おサンボにどうぞ。^_^
    2019年12月11日 13:41
  • てくてく

    yoppyさん
    いつも有難うございます。ご返事、遅くなって申し訳ありません。

    一乗寺さん、煌びやかさはなく、静寂で厳粛な趣のある、古刹ですね。
    石燈籠、なかなか形もいいし、年代物と思うんですが、フツーの扱いです。^O^

    西国三十三所の26番札所なんで、二十五番の播州清水寺や、二十七番の圓教寺とともに、有名なお寺さんです。
    いい石段なんですが、割に急で・・・山寺なんで、石段バッカ。^O^

    日本遺産に認定されたんでってね。知りませんでした。^_^::
    巡礼って事ですから、巡礼道も含まれんですかねぇ?

    常行堂、佇まいから見て、十分、資格はあると思うんですが・・・まだ、新しいからなんですかねぇ。まあ、エライ人が決めるんですから、文化財の資格、まだないんでしょうね。^O^

    三重塔、国宝だけあって、いい姿してます。1174年の物とは思えないほど、確りとした塔でした。

    鐘楼、これが、本来の姿だと思いますね。四隅の柱で支えてるのと比べると、格段の違いがあります。
    全山の堂塔、形が良くて趣があって、いいですね。各お堂に、些少ですが、浄財、チャリン。^_^

    石造宝塔、いいでしょう。そばに行きたかったんですが、立入禁止地帯で・・・^_^:

    賽の河原、昔、お詣りした時は、左の斜面に、岩室前と同じように、石が積まれてたんですが・・・岩室前で、合掌してきました。

    高千穂の天安河原ですか。あちらは、凄いですね。^_^
    2019年12月11日 14:15
  • てくてく

    藍上雄さん
    いつも有難うございます。ご返事遅くなって申し訳ありません。
    ハイ、山中のお寺さんです。堂塔、急斜面にあるので、巡るには、石段バッカです。^O^
    常行堂、なかなか、趣のあるお堂ですし、三重塔は地味ですが国宝ですし、大悲閣も良かったです。
    残念ですが、七福神さま、全員、お揃いではないようです。^O^

    寺社には、石造物多いですが、こちらは、特に、古い物が多いと思いました。今回は、駆け足で山内巡りでしたので、又、お詣りして、ゆっくりと見たいと思ってます。
    2019年12月11日 14:24
  • てくてく

    wingaさん
    いつも有難うございます。ご返事遅くなって申し訳ありません。
    いいお寺さんでしょう。^_^
    一つだけだけど、国宝もあるし、趣のあるお堂もあるし、静かだし・・・
    イエイエ、昔、時々、お詣りしてたお寺さんなんで。^O^
    紅葉、テンコ盛りって感じではなく、点在してて、綺麗でした。

    ハイ、石段多いです。足、鍛えて、お詣りに来てくださいネ。
    2019年12月11日 14:31