岩谷探索

初詣のついでに、チョコット岩谷を覗いてきました。 記事中の講釈は、記事を書くときに調べたもので、岩谷を覗く前に調べてれば、それなりの写真を撮ったんですが・・・^O^: なんせ、道しるべの広場にあった、「太陽と緑の道」の道標を見て、フラフラと谷に入っちゃったんで・・・ なお、コメント欄は閉じています。 平成30年1月12日記   「岩谷って何処だ??」 …

続きを読む

近畿自然歩道 コースNo.38&39 (その6) 

近畿自然歩道・コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」と、コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」を、歩いて来ました。 詳細なコース・マップが見当たらないので、近畿自然歩道・道標が頼りの「てくてく」です。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 その6は、コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」の、志久峠~大滝口バス停です。 …

続きを読む

近畿自然歩道 コースNo.38&39 (その5) 

近畿自然歩道・コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」と、コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」を、歩いて来ました。 詳細なコース・マップが見当たらないので、近畿自然歩道・道標が頼りの「てくてく」です。 その5は、コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」の、天神橋~志久峠です。 ここで、お断りですが、てくてくが「志久峠(志久ノ峠)…

続きを読む

近畿自然歩道 コースNo.38&39 (その4) 

近畿自然歩道・コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」と、コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」を、歩いて来ました。 詳細なコース・マップが見当たらないので、近畿自然歩道・道標が頼りの「てくてく」です。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 その4は、コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」の、石峯寺~天神橋です。 …

続きを読む

近畿自然歩道 コースNo.38&39 (その3) 

近畿自然歩道・コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」と、コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」を、歩いて来ました。 詳細なコース・マップが見当たらないので、近畿自然歩道・道標が頼りの「てくてく」です。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 その3は、コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」の、中大沢~石峯寺です。 ※コメント…

続きを読む

近畿自然歩道 コースNo.38&39 (その2) 

近畿自然歩道・コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」と、 コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」を、歩いて来ました。 詳細なコース・マップが見当たらないので、近畿自然歩道・道標が頼りの「てくてく」です。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 その2は、コースNo.38「六甲連山を望むみち」の、 …

続きを読む

近畿自然歩道 コースNo.38&39 (その1) 

近畿自然歩道・コースNo.38「六甲連山を望むみち(10.9Km)」と、 コースNo.39「志久峠越え 森林浴のみち(8.1Km)」を、歩いて来ました。 詳細なコースマップが見当たらないので、道標頼りの「てくてく」です。 歩いて判ったのですが、神戸市の「太陽と緑の道」コースと同じでした。 以下の「太陽と緑の道」コース図で歩けます。 コースNo.10の一部…

続きを読む

六甲 桜谷出合・穂高湖・ダイヤモンドポイント・シュラインロード分岐

久々に六甲を歩きました。 コースは、山田道・ヌケ谷・徳川道・穂高湖・ダイヤモンドポイント・シュラインロードで、後半の桜谷出合からシュラインロード分岐までです。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 ※コメント欄は閉じています。 平成27年4月24日  桜谷出合での給水休憩をおえ、飛石を渡ります。 桜谷出合周辺を「ぬ…

続きを読む

六甲 山田道・ヌケ谷・桜谷出合

六甲を歩いてきました。 コースは、山田道・ヌケ谷・徳川道・穂高湖・ダイヤモンドポイント・シュラインロードで、前半の桜谷出合までです。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 ※コメント欄は閉じています。 平成27年4月24日  神鉄・谷上駅前から、道標に従って左へ行きます。 高架下の駅構内施設過ぎると、十字路で左で…

続きを読む

古いフィルムから(冬の八方尾根ほか編)

フィルム・デジタル化した写真の第2弾「冬の八方尾根ほか」です。 古いので昭和39年、新しいので平成21年、年代順ではなく適当に並べ変えています。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年12月3日記  朝の五龍です。 山麓の白馬村北城・・・と云っても広いんですが・・・ジャンプ台少し東の辺りからです。 ゴンドラの終点、兎平です。 五龍と鹿島槍です。 鹿…

続きを読む

古いフィルムから(主に山麓からの山編)

7月下旬に始めたフィルムスキャンが、11月中旬に終わりました。 スキャナーはEPSON GT-X820。 4ツ切対応できる様、3,200dpiでスキャンしたので、1本約50分かかりました。 スキャンした本数は、36枚撮りフィルム換算600本余りで、枚数は約22,000枚。 一部は、8月にアップしましたが、それ以外の中から、まずまずの写真です。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。…

続きを読む

神戸 稚児ケ墓山から帝釈山・丹生山(3)

このところお休みしていた山歩き再開の足慣らしで、稚児ケ墓山から丹生山まで歩いてきした。 最後の丹生山です。 道順や分岐などは参考程度にして下さい。 写真をクリックして頂くと大きくなります。 平成26年11月5日 時々 鞍部から、丹生山へ登って行きます。 10分程登って行くと分岐で左です。 少し登ると平坦になります。右側が丹…

続きを読む

神戸 稚児ケ墓山から帝釈山・丹生山(2)

このところお休みしていた山歩き再開の足慣らしで、稚児ケ墓山から丹生山まで歩いてきした。 その内の、帝釈山です。 道順や分岐などは参考程度にして下さい。 写真をクリックして頂くと大きくなります。 ※なお、コメント欄は閉じております。 平成26年11月5日 時々 国道から山道に入ります。 少し登ると…

続きを読む

神戸 稚児ケ墓山から帝釈山・丹生山

このところお休みしていた山歩き再開の足慣らしで、稚児ケ墓山から丹生山まで歩いてきした。 その内の、稚児ケ墓山です。 道順や分岐などは参考程度にして下さい。 写真をクリックして頂くと大きくなります。 ※なお、コメント欄は閉じております。 平成26年11月5日 時々 出発点は、国道428号の六甲柏尾台入口…

続きを読む

乗鞍・上高地・白馬・・・昔のフィルムから

平成26年8月31日  フィルムのデジタル化が進み、山のフィルムも出てきました。 最近、天候不順で、山歩きなどの記事がアップできないので、繋ぎにポピュラーな山の古い写真を・・・ 写真をクリックして頂くと、大きくなりますが、同じ写真を同名アルバムにも掲載していますので、よかっ…

続きを読む

六甲 高倉山から横尾山・須磨アルプス

7月初めに痛めた背筋(ギックリ背中^O^;;)も大分よくなったので、リハビリ??? を兼ねて、六甲全山縦走大会最初の頃のコースを歩いてみました。 後半の、高倉山~高倉台~栂尾山~横尾山~須磨アルプス~東山~板宿・横尾団地分岐です。 道順や分岐などは参考程度にして下さい。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年7月28日  高倉山おらが茶屋の…

続きを読む

六甲 塩屋から旗振山・鉄拐山・高倉山

KOBE六甲全山縦走大会開催日が、11月9日と24日に決まりました。 各日2,000人で、申込受付は、8月18日~8月25日だそうです。 第1回大会の開催は、昭和50年(1975年)ですから、今年の大会は第40回大会となります。 ・・・と云っても今回「てくてく」が参加する訳ではありません。 「てくてく」が参加したのは、昭和52年(第3回)・昭和54年(第5…

続きを読む

六甲 摩耶山から桜谷・徳川道・山田道

足慣らし・省エネ歩き後半は、摩耶山~(桜谷)~桜谷出合~(徳川道)~ツェンティクロス・東門分岐~森林植物園~(山田道)~神鉄・谷上駅です。 道順や分岐などの写真、距離などは参考程度にして下さい。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年7月1日  摩耶自然観察園入口から下ります。 アジサイ池までは短い区間ですが、アジサイが沢山咲いてます。 …

続きを読む

六甲 炭ケ谷から摩耶山

街道歩きを口実にサボっていた山歩き、暑いのに再開です。 足慣らしは省エネ歩きで、急登はさけ下りの距離を長が~く・・・^O^;; コース前半は、神鉄花山駅~(炭ケ谷)~双子山分岐=烏帽子岩・上谷上三角点往復=双子山分岐~獺池~(まむし谷)~シェール道出合~(シェール道)~穂高湖堰堤下~ドライブウェイ分岐~(奥摩耶ドライブウェイ)~摩耶山三角点~掬菊台です。 道順や分岐などの写真、距離などは参…

続きを読む

日本高精密地形図(西日本)を買いました。^_^

平成26年5月14日  TKAPlanetさんの日本高精密地形図(西日本)を、GARMIN社etrex30英語版にセツトしました。 I社の地図は、自社発売の日本語版専用なので対象外。J社も英語版用地図を発売していますが、崖表示がありません。結局、12,960エンと、かなり高価なんですが、TKA社の地図にしました。 etrex30英語版の使用は、低…

続きを読む

「etrex 30」英語版を買いました。^o^(再製)

「etrex30英語版をを買いました。^o^」は、平成25年7月16日(DATE: 07/16/2013 09:25:00 PM)の記事ですが、最近アクセスがなかったこの記事に、今年3月27日以降、1日に1,000回前後アクセスされる様になりました。ただ、参照数は数件なので、記事を読む目的のアクセスではない様です。^_^;; 正常なアクセスとは思えないので、Biglobeさんに対処・解決方…

続きを読む

六甲 最高峰から湯槽谷山

最高峰から湯槽谷山~鼓ケ滝公園、神鉄・有馬温泉駅です。 よく知られたコースなので、道順も所要時間も省略です。^o^;; 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年4月26日  六甲・最高峰は、土曜日で大賑わいです。 どっちへ行こう。人が少なくて、楽な道がいいなぁ・・・^_^;; 最高峰下の全山縦走路分岐です。 つい、フラフラと人の少ない右の…

続きを読む

六甲 有馬・炭屋道のツツジと最高峰

ツツジのお花見ついでに、最高峰に行って来ました。 お花見の場所は、隠れたコバノミツバツツジの名所と「てくてく」が思ってるだけですが・・・有馬の炭屋道です。 愛称「有馬のツツジ尾根」。命名は「てくてく」です。 よく知られたコースなので、道順も所要時間も省略です。^o^;; 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年4月26日 

続きを読む

兵庫 大舟寺

大船山から下山した後、大舟寺へお詣りしました。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年4月15日  大船山から三田アスレチック側登山口に、12時50分に下山しました。 谷間の舗装道を、波豆川バス停に向かって歩きます。 里山は春うらら^_^ 何でもない景色ですが、こんなのが好きなんです。^_^ コバノミツバも満開。 青いのは、ブルーシー…

続きを読む

兵庫 大船山

サボっていた山歩き再開。^_^; 足慣らしに、三田市北部の大船山に登って来ました。                山頂からの展望 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年4月15日  登山口の波豆川へは、JR三田駅北口から神姫バス利用です。朝は、6時・7時に各一便、その後は、9時25分迄ありません。その後は、12時です。料金は570円。^_^; …

続きを読む

奈良 三輪山登拝

会の恒例行事、三輪山登拝に参加しました。 いつも同じコースなので、記事内容も大同小異。今年は簡単に・・・^o^; 昨年は、チョット詳しく記載していますので、よかったらご覧下さい。 URL http://tekuteku-hm.at.webry.info/201301/article_3.html 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成26年1月11日  {%晴れwe…

続きを読む

六甲 穂高湖からシェール道経由・森林植物園

初冬の六甲を地獄谷西尾根から、穂高湖、森林植物園と歩いてきました。後半の、穂高湖~シェール槍~シェール道~森林植物園~箕谷です。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成25年11月30日  お昼を済ませて、穂高湖湖畔南側を出発。 反時計回りに、湖畔北側のシェール槍登り口に来ました。 登り口の岩場です。 急な岩道で…

続きを読む

六甲 地獄谷西尾根

初冬の六甲を地獄谷西尾根から、穂高湖、森林植物園と歩いてきました。 前半の、神鉄・大池駅~地獄谷西尾根~ダイヤモンド・ポイント~三国池~穂高湖です。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成25年11月30日  神鉄・大池駅前から左へ、坂を登って行きます。狭い上に車が多いので要注意です。 5分程で登りは終わり、十字路です。 右…

続きを読む

六甲 有馬から最高峰・唐櫃道

都合でチョットお休みしていた山歩きを再開しました。手始めに、六甲で一番楽なコースで足馴らし。 よく知られたコースなので詳しい道順は省略。所要時間は、超スローなのでこれも省略です。^o^;; 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成25年10月12日  神鉄・有馬温泉駅から、金の湯前を通って、紅葉谷への道を行きます。ロープウエィの駅から暫く登ると、炭屋道分…

続きを読む

六甲 摩耶山

7月に入ってから、荒天に続き異常高温。熱中症で救急車やレスキューのお世話にならない様、自重していましたが、少しましになった様なので、チョコット摩耶山辺り(布引から稲妻坂・天狗道・摩耶山・桜谷から箕谷)を歩いて来ました。 コース詳細や所用時間は省略します。 写真をクリックして頂くと、大きくなります。 平成25年7月12日  新幹線のガードを潜ってすぐ、北野道や城山…

続きを読む