てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 葛井寺から道明寺

<<   作成日時 : 2017/02/28 16:41   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 6

所属する山の会の催しに参加し、葛井寺から岡ニサンザイ古墳・譽田御廟山古墳などをまわって、道明寺・道明寺天満宮まで歩きました。
この一帯(藤井寺市・羽曳野市)は、古市古墳群の90近くの古墳が現存しているようで、その資料集めと下見を兼ねてます。^_^
画像


幹事さんと参加22名の集団にくっついて歩いたので、道順は省略します。
ご由緒や説明板は、全部、クリックすると大きくなります。


平成29年2月25日   
近鉄・藤井寺駅南口から出発です。
画像


南口から左(東)に少し行って、商店街に入り南下します。
商店街を抜けると、四脚門の葛井寺西門(重文)です。
画像

葛井寺は、西国霊場五番札所です。
楠公史蹟河南八勝第八蹟葛井寺の石碑もありました。

境内に入ります。
護摩堂です。
画像


本堂です。
画像

御本尊は、十一面千手千眼観世音菩薩坐像さまで、大の手2本・中の手40本・小の手1,001本あるそうです。

観音堂です。
画像


大師堂です。
画像


鐘楼です。
画像


南大門から出ます。
画像


ご由緒です。
画像


右の角に道しるべ。
画像

後で判ったんですが、左角にも道しるべがあったんです。見逃しました。

参道を南へ。
すぐ、造り酒屋の藤本酒造さん。
画像


道の両側は藤本酒造さんです。
東側です。南大門が見えます。
画像

西側です。
画像

すぐの十字路左に曲がって南側です。
画像



更に南下すると、考古学・歴史系博物館施設のアイセルシュラホール(藤井寺市生涯学習センター)です。
アイセルは、Activity(活動)・Information(情報)・Consultation(相談)・Exchange(交流)・Learning(学習)の頭文字AICELで、シュラは修羅で、仏教の八部衆の阿修羅ではなく巨石運搬用の橇の事です。

建物のデザインは、舟形埴輪と修羅をイメージしたものだそうです。
画像



そこから、少し南下して西に行くと、岡ミサンザイ古墳で、仲哀天皇恵我長野西陵(チュウアイテンノウエガノナガノノニシノミササギ)。
御陵正面です。
画像


説明です。
画像


南東側からです。
画像



仲哀天皇陵から東へ暫く行くと、應神天皇恵我藻伏岡陵倍塚(オウジンテンノウエガノモフシノオカノミササギバイチョウ)。通称サンド山古墳があります。
画像



更に東へ行き、大阪外環状線(R170)を渡るとすぐ、誉田御廟山古墳(コンダゴビョウヤマコフン)で、應神天皇恵我藻伏崗陵(オウジンテンノウエガノモフシノオカノミササギ)です。
画像

画像


説明です。
画像


古市古墳群の主な古墳の分布部分のアップです。
画像



應神天皇恵我藻伏岡陵の北側にある、大鳥塚古墳と説明です。
画像

画像


南西側から見ると・・・
画像



古墳の東側を北上すると、すぐ、西名阪自動車道です。
その自動車道の下にも古墳があります。
赤面山古墳です。
画像



西名阪自動車をくぐると、古室山古墳です。
画像

画像


説明です。
画像


古墳周囲の梅です。
画像


前方後円墳のくびれ辺りから、円墳を見ます。
画像



古墳の上で、東に二上山・葛城山・金剛山を、西にあべのハルカス・六甲を遠望しながらお昼です。^_^
画像



お昼を終え、小室山古墳の東側を北上。
小室山古墳と向かい合う、仲姫命陵古墳(ナカツヒメノミコトリョウコフン)で、應神天皇皇后仲姫命仲津山陵(オウジンテンノウコウゴウナカツヒメノミコトナカツヤマノミササギ)です。
画像


説明です。
画像


御陵の南西にある、古室八幡神社拝殿です。
画像



御陵の西側に沿って北上します。
マンホールの蓋。^O^
画像




御陵を2/3周して、国道170号に出て南下。
道明寺交差点を左折して少し行くと、道明寺です。
画像


桜門と縁起です。
画像

画像


本堂です。
画像


大師堂です。
画像


護摩堂です。
画像


塔の礎石です。
画像


東側の門脇に道しるべがあります。
画像

「大阪府みちしるべ」によると、東高野街道の道しるべで、移設されたものです。
「すぐ道明寺 こん田八まん 高野山」「左 大坂 左海道」裏面「右 柏原 京 道」
弘化四年の年号が刻まれています。



道明寺東隣が、梅の名所、道明寺天満宮です。
画像


神門脇に・・・
画像


参道を行きます。
画像


鳥居をくぐって・・・
画像


拝殿です。
画像


梅園は、集合時間まで20分程だったので割愛。

トリは、境内の梅。^_^
画像

画像

画像


おしまい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
古市古墳群、90近くも古墳が現存しているんですか。
すごいところですね!
この藤井寺、羽曳野一帯には行ったことがなく、土地鑑サッパリですわ。
葛井寺にもまだお詣りしたことがなく、西国霊場ということなので、いつか参拝するつもりです。
さすが立派な境内ですねぇ。
行くのが楽しみになりました。
藤本酒造の佇まいがいいですね。
この辺り、天皇陵や古墳のオンパレードですね〜。
素晴らしい歴史がある場所なんですね。
いいところを歩かれましたね。
道明寺のウメが春を感じさせます。(^^)
トンキチ
2017/02/28 22:02
トンキチさん
いつも有難うございます。
ハイ、葛井寺市HPでは、古市古墳群は123と書かれていますが、現存数かどうかは、わかりません。Wikipediaによりますと、123のうち現存数87と書かれていますので・・・^_^
ひと昔前は、このあたり田園の中に古墳があったような記憶がありますが、今は、住宅がびっしり。
葛井寺さん、西国五番霊場の古刹だけあって、いい雰囲気です。
4番は和泉市の施福寺・6番は高取町の南法華寺(壺阪寺)と離れているんで、お遍路でなければ、お詣りここだけになりますかねぇ。
アッ、藤本酒造さんだけがいいんで、周囲はチョット・・・
ハイ、御陵や古墳は歴史を感じるんですが、住宅に取り囲まれてるのが多いんで・・・^O^::
梅、春ですねぇ。
                                 てくてく
てくてく
2017/03/01 11:36
これは、興味一杯のウォークです。(^^)
ボクの姉達が藤井寺に住んでるんです。
でも、葛井寺に行ったのは、一度、藤が満開の時だけです。(^^ゞ
姉達は、駅の近くに住んでいるので、殆ど、付近を歩いた事はないんですが、昨年、下の姉が、ほんの短期ですが、入院したので、何回か、古市駅から病院まで歩き、帰りは藤井寺駅まで歩いてました。
その時に、沢山の古墳があるという事を知り、いつか歩いて見たいと思ってて、とりあえず、仲哀天皇陵には行ってみました。
なんせ、日本武尊の子供ですから。(^^)
でも、夕方遅くやったので、西側から、ちょこっと見ただけで…
明るい時に見ると、こんなんなんですね。
他にも、古墳が一杯。
やっぱり、その内に行かなくっちゃ。(^^)

そして、梅で有名な道明寺。
あっ、お寺としても有名ですけど。(^^ゞ
この時期の、このコースは、てくてくさんには、バッチリですね。
梅は綺麗し、お寺に古墳。
酒屋さんまでありますもんね。(^^)
yoppy702
2017/03/02 17:29
yoppyさん
いつも有難うございます。
ア、そうなんですか。では、行きやすいですね。
古市から藤井寺だと、古墳群の真ん中を歩いてる感じですね。^_~
仲哀天皇陵は、割に近くから見る事ができますね。
ハイ、大小様々な古墳があるようで、マップを見ると、1日では回り切れないですね。^O^
道明寺天満宮、梅、満開でした。時間の都合で、梅園に入れなくて、残念です。
酒屋さんも、写真を撮ってるうちに、みんな、出てきちゃって。^_^:
ヤッパ、一人でないと・・・
ホント、近くだと気軽に行くんですが、何せ、片道、2時間近くかかるんで。^_^:
でも、年内には、古市古墳群と百舌鳥古墳群回りたいですねぇ。^O^
アッ、梅見されるんでしたら、お早く・・・
                                てくてく
てくてく
2017/03/02 20:39
てくてく様にはピッタシのコースじゃないでしょうか。
それで参加されたのでしょうか、お寺に古墳に道標にマンホーの蓋が特徴的で、4拍子揃っています
葛井寺は、西国霊場巡りの時、単車で走り回っただけでなんにも覚えていないですね。
それで、ご利益が無いわけです^^;
造り酒屋の藤本酒造さん、写真撮っただけで、
中には入らずでしたか?^^。
完売という文字が見えますが、それで入らなかったのしょうか。
藤本雅一酒造醸が蔵を開いたそうで、地下からの汲み上げ水を使用しているとありました。
どんな味なのか興味が湧きます。

古市古墳群には大小さまざまな古墳があって、探索のし甲斐がありそうですね。
その資料集めと下見に来られたのでした^^;
天皇陵とそうでないものが混在しているみたいですが、サンド山古墳は天皇陵なのに自由に入れるんですか。
西名阪自動車道の下に砂山の様な古墳が珍しいですね。

道明寺天満宮と言う社名がユニークです。
明治の神仏分離の際、道明寺を隣の敷地に移転したそうですが、宮の名前に寺がくっついたままです^^)
でも、見事な梅の〆が素晴しいです。
アルクノ
2017/03/03 19:18
アルクノさま
いつも有難うございます。
お寺に古墳に道標もありますが、カムバックしようと思いまして。ただ、年寄りの冷や水かも。
藤本酒造さん、周囲の写真を撮ってたら、みんな、試飲やお買い上げを終わって、出てきちゃいましたので・・・^O^:
アッ、完売は酒粕の事で・・・
本格的に古市古墳群を歩くときに、試飲と一升瓶仕入れようかと。^O^
サンド山古墳は、宮内庁管轄で、周囲に金網の柵があって入れません。柵の上から撮りました。
赤面山古墳ですね。生活道路は、この古墳に沿って、円弧を描いてます。古墳のために、自動車道高架にしたんですかねぇ。マサカ・・・
ハイ、お寺と神社が同居したような名前ですねぇ。^O^
アッ、有難うございます。梅園に入らなかったんで、せめて、境内の梅を綺麗にと思いまして・・・^_^
                                  てくてく
てくてく
2017/03/03 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
葛井寺から道明寺 てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる