てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 高取城址探訪記 (その1)

<<   作成日時 : 2017/04/07 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 6

近鉄さんの「てくてくまつぷ 壺阪・高取コース」を片手に、高取城址に行ってきました。
その1は、高取町から壷坂寺です。
画像



平成29年4月4日   
出発は、近鉄・壺阪山駅です。
画像


すぐの国道169号を渡って東進して約150mm、四辻を右折して、下土佐の家並を行きます。
画像

この石畳の道は、土佐街道だそうです。大和の国に「土佐」って訳は、後ほどの高札で・・・

歴史を感じる、壷阪漢方堂さん。
画像



光明寺参道入口に、貫禄の石標。
画像

画像



石川醫院さんの門。
画像

下屋敷の門を移築したんだそうです。
なお、石川醫院さんは、代々、高取藩の御殿醫の家柄だそうです。

すぐの丁字路のミラー下に、道路元標があります。
画像


アップ。
画像


マンホール蓋。^_^
画像



新しくなった土佐恵比寿神社。
画像



近鉄さんのマップにはないんですが、別の資料に国府神社の名があるので、コースからはずれますが、チョット寄り道。^O^
国府神社鳥居と説明です。
画像

画像
クリックすると大きくなります。
・・・で、社殿は、小山の上なんで割愛。


コースに戻って少し行くと、池田邸跡の碑。
画像


道を挟んで、土佐町由来の高札。
画像
クリックすると大きくなります。

すぐ、伊勢屋屋敷跡の碑と説明。
画像

画像
クリックすると大きくなります。


道を挟んで、酒蔵の様な・・・
画像

金剛力酒販さんの酒蔵だそうですが、今、醸造は御所でされていて、販売だけの様です。


すぐ、「札の辻」です。
画像


道しるべ正面と斜め右からです。
画像

画像

左面は、「世話方 森田・・・ 新野・・・?」

道を隔てて、もう一基。
画像



右へ登って行きます。
立派な建物です。
画像


暫く行くと、信楽寺。
画像


壺阪霊験記で有名な、沢市・お里のお墓があります。
画像

画像


所で、この仏さまのお顔、どっかで見たような。モアイくん・・・??? ^O^
画像



坂を登り終わって振り返ります。
画像

結構、登ってますねぇ。^_^

古い家並の中から・・・
画像


清水谷に下って行く途中の祠。
画像


桜、咲き始めています。
画像


下って、吉備川に架かる橋に来ました。
画像

昔の記憶では、左へ右岸を遡行したんですが、「まつぷ」によると橋を渡るようになってるんで、渡ります。


すぐ、奈良県道119号に出て、左に県道を登って行きます。
画像


500m程、登ると、左に下る道があります。
画像


下って、植林の道を行きます。
画像


5〜600m行くと、お不動さまたち。
画像


過ぎると急登。
画像


二丁の丁石です。
画像


すぐ、壷坂寺です。
画像

正式には「南法華寺」です。

チョコット耳の痛いお言葉。^O^::
画像


縁起です。
画像
クリックすると大きくなります。

伽藍です。
画像


チョコット大きく。
画像


お詣りしたい所ですが、例によってウロチョロで、予定より大幅に遅れてるんで・・・

道標に従って、坂を登って行きます。
画像


少し登った所から。
画像


北を見ます。畝傍山が見えます。
画像


すぐ、県道に出ました。
画像
アッ、ここから右に少し下ると、駐車場で、壺阪山駅からバスもここまで登って来るので、歩くのが苦手の方はバス・タクシーやマイカーでどうぞ。^O^


左に登って行きます。
右上に「大観音石像」さま。
画像

この観音様は、天竺渡来の観音像で、インドでハンセン病患者救済活動をされている壷坂寺さんに、インドから送られたのだそうです。

お寺が左下になってきました。
画像


やはり、ハンセン病患者救済活動にたいして送られた、天竺渡来大釈迦如来さまの横顔に手を合わせて、高取城址に向かいます。
画像


つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
日本一の山城・高取山城跡には、一昨年9月に登りました。
懐かしく思い出しました。
土佐の街並みが相変わらず風情がありますね。
壺阪漢方堂さん、石川醫院さん…。
道路元標には気づきませんでした。
壺阪寺には、高取山城跡を下りてから立ち寄ったと記憶しますので、てくてくさんとは途中でコースが分かれています。
ただ、壷阪寺に立ち寄ったというものの、時間の都合で参拝しませんでした。
そのとき、またバイクで行けばいいやと思っていましたが、なかなか行けませんね。
また、続きが楽しみです!
トンキチ
2017/04/08 08:20
トンキチさん
いつも有難うございます。
9月に行かれましたか。まだ暑くて、大変ではなかったですか。それと、マムシくんとハチくんが元気な時で・・・
土佐の家並、いい雰囲気ですね。一般の住宅も往時の建築様式が多くて、保存は大変でしょうねぇ。
何処の道路元標も、道の片隅にあるので、よく見落とします。^O^
高取城跡と、壷坂寺・土佐の町並み探訪は、別々にしないと時間が足りませんね。
でも、遠いんで、おっしゃる様に、なかなかいけません。
ハイ、頑張って続きアップしますので宜しくお願いします。
                                 てくてく
てくてく
2017/04/08 11:05
壺阪といえば、『壺坂霊験記』。
もう、内容は覚えてないんですけどね。(^^ゞ
壺阪寺って、これの舞台でしたっけ?
高取城は、国内最大規模の山城で、日本三大山城の一つという事くらいしか知識がありません。
もちろん、行った事はないです。
という事で、てくてくさんのレポで勉強します。(^^)

壺阪駅は、まぁ、新しいですが、町は、歴史を感じますね。
重文などもあるし…
酒蔵もある。(^^)
てくてくさん好みの町ですね?(^^ゞ

「以春風接人」
皆さんが、このようになると世界は平和で和やかになりますね。
この言葉…何か、この後に続いてませんでしたっけ?(^^ゞ

あっ、このお寺が「壺阪寺」ですね?
行った事が無いんです。(^^ゞ
へぇー…こんな大きな観音様があるんですね。
合掌…
yoppy702
2017/04/08 16:29
yoppyさん
いつも有難うございます。
ハイ、壷坂霊験記の舞台です。
そうですね。他の二つは、備中松山城と美濃岩村城です。
イエイエ、てくてくのレポより、近鉄さんのてくてくまっぷや高取町観光ガイドの方が正確で・・・^O^::

高取町はの中心は、土佐と云う地名で、往年の建築様式の家が沢山あって、いい雰囲気です。今回は、通りぬけでしたが、ゆっくり探訪したいと思ってます。

ハイ、続きは「以秋霜自粛」です。以のない引用も多いいです。
「春風接人 秋霜自粛」 こちらの方が、語呂がいいですねぇ。

壷坂寺さんは、西国三十三所の六番札所で、山の中の落着いた立派なお寺さんで、デッカイ仏像があるんで、吃驚です。是非、お詣りください。^_^
                                てくてく
てくてく
2017/04/08 17:12
「てくてくまつぷ 壺阪・高取コース」でこんな風に行けるんですか。
高取城址は仲間からの要望もあり、何れ行こうと思っています。
古風な通りや神社など、てくてくさま好みの地域ですね。
吉備川に架かる橋を渡って、その先、植林の道がいいですね。
壷坂寺の伽藍と、
壷坂寺から高取城址に向かうハイキング道だけ覚えています。
かなり登った記憶がありますが・・、
高取城址へ・・。
アルクノ
2017/04/16 13:29
アルクノさま
いつも有難うございます。
ハイ、まっぷと道標で、迷うことなく歩けます。
まっぷは、近鉄さんのHPからダウンロードできます。
家屋など、古い様式の家が多くって、雰囲気いいですね。
壷坂寺が約300m、高取城址は583.6mですから、標高差280mぐらいなんで、アルクノさまお仲間には、大したこと思います。^_^
                                 てくてく
てくてく
2017/04/16 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
高取城址探訪記 (その1) てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる