てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 続 小野市史跡散歩 (その13)

<<   作成日時 : 2017/05/25 19:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 6

小野市史跡散歩 (その13)は、その12の続きです。
画像



平成29年5月23日 
大寺廃寺跡に来ました。
画像


標石と説明アップです。
画像

画像


大寺があった場所です。
画像
因みにこの地区の名は「大寺」です。
一面タンボですねぇ。^_^

近くにある、願正寺さんです。
画像


この付近に、家形石棺の蓋石を転用した結界石があるはずなんですが・・・と探していると、道端に道しるべの様な石柱。
画像


肝心の結界石は、願正寺さんから少し東の、広い地道を入った、民家の前にありました。
結界石です。
画像
元・願正寺の門前にあった物だそうです。


金鑵(カナツルベ)城跡に向かう途中に・・・
お稲荷さんです。
画像


愛宕神社さん。
画像
鳥居、古そうなんですが、年代は判りません。

拝殿です。
画像


チョット変わった、百度石。
画像



上に、櫓が見えます。金鑵城跡の櫓です。
画像


里山に入って、少し登ると、休憩所やトイレのある小広場です。
あちらこちらに、こんな物騒な看板。
画像


更に遺跡への道を、長いローラ滑り台を横目に急登。
画像



車道に出ました。
左のチョットした広場に、説明板があります。
画像
エッ、ここ金鑵城の西の郭部で、弥生時代の住居跡なんャ。^_^
クリックすると大きくなります。

これ、住居跡なんでしようね。
画像



橋を渡って、金鑵城の主郭部へ。
説明です。
画像
クリックすると大きくなります。

虎口を表から。
画像


堀切です。
画像


建物跡と説明です。
画像

画像


画像

画像


画像

画像


井戸のレプリカ?と説明です。
画像

画像


覗いてみましたけど、深くもないし水もありませんでした。
画像
当たり前ヤ・・・

城跡の広場です。
画像


画像
すこし離れた所の櫓。


ン〜、なんか整備されすぎて、城郭跡とか弥生時代の住居跡って雰囲気・趣ないですねぇ。

でも、展望は素晴らしいです。
画像


展望とテッチャンの動画です。約1分23秒です。^_^



北の尾根筋に、三角点が在る筈なんで、見に行きます。

山道をゴソゴソ行くと・・・
ン・・・なんだ???
画像


説明板のアップ。
画像


旧陸軍の演習用の土塁・塹壕跡なんですね。
画像



更に行くと、三角点です。
画像

画像


正面から。
画像

二等三角点で、点名は「西森」、標高94.40mです。


これで、今回の探訪、終了です。
急なヘアーピンの道路を下って、神鉄・粟生駅に向かいます。
お寺さんの前を通って・・・
画像


タンボの道を行って・・・
画像


お花に慰められて・・・
画像


農業用用水路を見て・・・
画像


遠いなあ〜

ヘロヘロになって、神鉄・粟生駅に到着。
画像

アア〜シンド。

おしまい。


追記
小野市史跡散歩は、残り下東条地区だけとなりましたが、この下東条地区、足の便が悪く、機動力を駆使しないと駄目なようです。
・・・で、機会があればと云う事にして、今回で小野市史跡散歩終わらせていただきます。
長い間、ご覧頂き有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
金鑵城跡、よく整備されて公園化されているんですか。
でもあのマムちゃんの看板、リアルすぎてグロテスクです!
山に入ってからは仕方ありませんが、入る前にあの看板いくつも見たら怖気づきます。
櫓からの動画、撮り鉄になってましたね。(^^)
2両編成なんですね。
最近、よく1両編成の電車も見たのですが、あれ加古川線だったように思うのですが。
小野市内、中世の城が多かったのですね。
寺社や古墳も多く、なかなか管理できない様子も窺えたりしました。
公共交通機関の便が極めて悪い事情は承知しています。
でも、改善されないです。
地元民じゃないので強くも言えませんけど。
小野市史跡散歩、ホントにお疲れさまでした!
最後、粟生駅までしんどかったことでしょう。
ゆっくり、疲れをとってくださいね。
トンキチ
2017/05/26 18:57
その12で、
龍翔ドームを知らなかったので、調べてみました。
「施設全体がドーム形状をしており床面を人工芝で施した屋根付施設です。
フットサルやゲートボール、文化行事等多目的に利用することができます。」
とありました。
ゲートボール大会とかやるんでしょうか、一度見てみたい。
八ヶ池自然公園には遊具のある公園で面白そうでした。

高さ1mの1号墳って、あり得ない気がしましたが、擦り減ったのでしょうかね?
他はジャングル?^^
保存する気も無いみたいで、小野市さん!って言いたくなりました^^。

この13で
確かにマムシの注意看板がリアルすぎて怖いです。
マムシを知らない人には良く分かっていいでしょうけどね。
「すこし離れた所の櫓」
梯子に蓋があって上がれませんね。
何のための櫓でしょう?
歴史的建造物ですか?
ここまでの、整備されすぎて・・、は同感です。

展望所からの望遠、ブレてないので三脚持参でしたか。
2両編成追っかけテッチャンが決まっています!

粟生まで長い距離を歩かれたんですね。
殆ど知らない所だらけで、新鮮なレポでした。
一旦終了と言う事で、これまでお疲れ様でした。
またの再開を楽しみにしています。
アルクノ
2017/05/26 21:27
トンキチさん
いつも有難うございます。
ハイ、綺麗に整地されて、休憩所も柵も、立派なんです。
小野は、ハメ塚もあって、マムシくん多いんですね。あんまりお目にかかりたくないんですが、用心してるときは現れないで、大丈夫と思った時現れるんで・・・^O^
ビデオ、買ったんだから、ビデオでも撮り鉄しなくっちゃ、と頑張りました。
加古川線、2輌と1輌とあるようですね。時間帯によって配車してるんでしょうかねぇ。
広さに比して、城跡多いですね。群雄割拠でしょうか。^O^
京都・奈良の様に歴史に名を残すものが多いと、手厚く保護されるんでしようけどねぇ。
小野市の北東部の状態をみると、公共交通機関の便の仕方ないような気がします。みんな車で移動するのが多いし。

ハイ、一応、これで区切りを・・・と思ったら、ガクっとして。目標がなくなったら、疲れ倍増でした。^_^::
労いのお言葉、有難うございます。又、目標をもって歩く勇気が湧いてきました。
有難うございました。
                                  てくてく
てくてく
2017/05/26 22:58
アルクノさま
いつも有難うございます。
立派なドームで、この日もゲートボールの試合してるようでした。
遊具は、そんなに多くはないんですが、小さいお子さんだと、充分でしょうね。

ハイ、吃驚しました。直径はともかくとして高さ1mだと、竪穴にしないと収まりませんねぇ。^O^
上、削られたんでしょうかねぇ。他の古墳も、古墳と云われたって・・・と困惑してしまいます。^O^

カラーですからねぇ。リアル過ぎて、怖さ倍増でしようか。ホント、知らない人にとっては、参考になりますね。

櫓、危険だから登れないようにしてるようです。説明はないので、歴史的建造物ではなく、レプリカと思います。
建物跡も、綺麗に整地保護されてて、柵もレプリカも綺麗すぎますねぇ。

展望ビデオ、柵の杭に肘をついて、三脚代わりです。^O^
イエイエ、動いてるものを追っかけるの、行きすぎたり遅れたりで、難しいですねぇ。

粟生駅まで、途中、見る物がないので、ムチャクチャ遠かったです。
ハイ、長い間、ショーもない記事にお付き合い下さって有難うございました。
労いのお言葉有難うございます。又、気持ちを新たにして頑張ります。その節は、これに懲りずに、宜しくお願いします。
                                 てくてく
てくてく
2017/05/26 23:15
トップの画像を見て…
何にも無い所なんやと思いましたが、そうでもないんですね。
こういう所にこそ、隠れた史跡があるというのが良く解りました。
金鑵城跡は、整備されていて、城跡公園ですね。
日当たりがイイから、ノンビリ出来そう。(^^ゞ
でも、城跡だけじゃなくて、弥生時代の住居跡。
一度で二度美味しい史跡です。(^^)
櫓は、展望台ですね。
動画を見ていると、その展望の良さには驚きます。
テッチャンになってるのにも驚き。(^^)
電車が走ってる場面は、まるで、ジオラマを見ている感じでした。

「山道をゴソゴソ行くと…」
マムシが出たんかと…(^^ゞ
あの注意案内、ホンマ、リアルで、ギクッとします。
いかにも、マムシがいるって感じで。(^^ゞ

土塁・塹壕跡は、演習用として作られた物だけでなく、元々、あった物もあるんでしょうね…
先程の、綺麗に整備された状態ではないのがイイですね。(^^)

お花に慰められて…
用水路で水浴びをして…
あっ、水浴びはしてなかった!(^^ゞ
小野市史跡散歩、お疲れ様でした。
色んな所を見せて頂き、とっても勉強になりました。(^^)
下東条地区…
足の便が悪いという事は、その内、てくてくさんの愛車が出動ですか?(^^ゞ
yoppy702
2017/05/29 15:23
yoppyさん
いつも有難うございます。
アッ、案内図を見て、里山に入らなければ、見る所少なかったんですよ。
ヤッパ、足で稼がないとだめですねぇ。^O^
金鑵城跡、よく整備されてるし、道路の傍だしいいんですが、もうちょっと、原型を残してもらえれば・・・って感じてすが、一粒で二度おいしいでした。
ハイ、展望は抜群です。電車も箱庭を走ってるようで、長閑でした。

里山の麓、マムシくんの棲家に最適の様で・・・^O^
まあ、小野はハメ塚もあるし、マムシくんの多い所の様なんで、これから初冬までは、敬遠ですねぇ。^O^

土塁・塹壕跡、どうなんでしょうね。文政年間から開墾されていたようなんで、用水路もあった可能性もありますね。
ある程度、原型を残して頂いた方が、趣ありますねぇ。^O^

有難うございます。多少でも参考になれば幸せです。

下東条地区、どうしましようね。車だと、タンボ道や山道入れないので、スポーツタイプの電チャリでも調達して出動しますかねぇ
                                  てくてく
てくてく
2017/05/29 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
続 小野市史跡散歩 (その13) てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる