てくてくにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸 史跡・五色塚古墳

<<   作成日時 : 2013/09/24 20:23   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 8

明石まで行く予定でしたが、アッチコッチ寄り道で大幅に時間超過。
早いですが、舞子公園で打切りにしました。
チョット早すぎるなぁ〜。これから、どうしよう^o^::
・・・と云う事で、マリンピア神戸前交差点から行けなかった、五色塚古墳に行くことにします。
画像
道順と所要時間は参考程度にして下さい。
写真をクリックして頂くと、大きくなります。

平成25年9月17日 
海が綺麗に見える舞子テラスで、五色塚古墳への道を調べます。
画像

テラス東南側にから、スロープを公園に下ります。
画像

松林を東に行きます。
画像

すぐ、須磨公園東交差点です。
画像


旧木下家住宅への案内があるので、行って見ました。
左へ行くと、舞子ビラの入口があります。
画像

案内に従って旧木下家住宅前に来ました。
門が締まっています。
画像
本日閉館の札。
休館日・毎週月曜日・・・今日、火曜日だよ??
よく見ると、祝日の場合は開館、翌平日が休館・・・だって。
エッ・・・昨日、祝日だったっけ???☜高齢者ボケ・・・

交差点に戻って国道2号の山側(北側)歩道を東へ少し行くと、霞ケ丘南交差点です。
画像
左へJRガードをくぐります。
カード下にお地蔵さま。
画像

少し登って、三差路を右に登ります。
画像

左右に、住宅やマンションへの道がありますが、道なりに・・・
真っすぐ行って直ぐ右に曲がります。
画像

すぐのミラーのある所は左です。
画像

すぐの変則十字路で、左です。山陽電鉄の線路と踏切が見えます。
画像

踏切を渡って右へ、線路に沿って行きます。
画像

電車が来ました。シャッタが遅れたぁ〜^o^;
画像

すぐ、別れ道です。どちらでもいいんですが、左の舗装道を行きます。
画像

右角に神社のある三差路に出ます。
正面の五色塚です。
画像


右に行くと、すぐ五色塚古墳入口です。
画像
管理事務所で住所(てくてくの場合、神戸市北区まで)と人数を記入してパンフレットを貰います。

五色塚古墳・説明の転記です。

五色塚古墳は、淡路島を望む台地の上に築かれた前方後円墳です。その全長は194mで、兵庫県で一番大きな古墳です。周囲を深い濠と浅い溝で二重に囲い、西側には円墳で、直径70mの小壺古墳がきずかれています。この五色塚古墳は、全国的にみると40番目前後の大きさですが、同じ時期のものだけ比べると、奈良県北部の大王墓(佐紀古墳群)と肩を並べる大きさです。
 4世紀の終り頃、この古墳に葬られた人は、明石海峡とその周辺を支配した豪族だと考えられます。
・・・中略・・・
五色塚古墳に関する最初の記事は、日本書記に見られます。「仲哀天皇の偽の墓で、葺石は淡路島から船で運んで来た」と書かれています。しかし、ほかの古墳と同様に、すべて丁寧に造られていることや、人が葬られる石室の石材が出土していることから、偽物とは考えられません・・・後略。

日本書記の「気長足姫尊 神功皇后」の巻にこんなのがあります。
「麛坂王・忍熊王・・・中略・・・乃ち詳りて(イツワリテ)天皇の為に陵を作るまねにして、播磨に詣りて山陵を赤石に興つ。仍りて船を編みて淡路嶋に絚して、その嶋の石を運びて造る。則ち人毎に兵を取らしめて、皇后を待つ。」(日本書記・岩波文庫本より)

仲哀天皇亡き後の皇位を狙って、麛坂王・忍熊王が天皇の御陵を造ると偽って、人(兵)を集め、神功皇后を討とうした・・・って、事らしいです。多分・・・^_^;;
アッ・・・説明で言われている所は、太線の所です。


管理棟に、出土品が展示してありました。
撮影は自由にどうぞ・・・です。^_^
ガラス越しなので、写りはよくないですが、不鮮明なのを除いて・・・
鰭付朝顔形埴輪です。
画像

鰭付円筒埴輪です。
画像
画像

壷・椀・皿などです。
画像
画像
画像


方墳の階段下に来ました。方墳の埴輪の列です。
画像

上まで登って来ました。
方墳の埴輪列と円墳です。
画像
画像

埴輪越しの明石海峡大橋です。
画像

少し位置を変えて・・・
画像

鰭付朝顔形埴輪の間から、紀淡海峡です。
画像

方墳上から円墳を見ます。
画像

円墳の下に来ました。
画像


円墳の上からの、明石海峡大橋。
画像

泉州の方と思います。
画像

紀淡海峡の沖ノ島・地島が見えます。
画像

大橋の方は、海がキラキラ光っています。
画像

やっぱり高い所からはよく見えますね。^O^
鉢伏山です。
画像

北の住宅街です。
画像

もう一度、埴輪と大橋です。^_^;
画像


五色塚に沿う道を北に少し行くと、すぐ小壺古墳があります。
画像

説明板です。
画像

五色塚古墳を時計廻りに行きます。
画像

三差路の左手に、五色塚古墳の専用駐車場があります。左折します。
画像

すぐの十字路を右に行きます。
画像

住宅街の中を、暫く道なりに行きます。
画像

急坂を下りると、見覚えのある舗装道路に出ました。
垂水の遊女塚へ行く道でした。
舗装道から見た、下って来た道です。
画像

右前方が、JR・山陽の垂水駅北広場です。
垂水駅西交差点の横断歩道を渡って、JR垂水駅へ。
画像

舞子駅〜五色塚古墳は約1.4Km、霞ケ丘南交差点〜五色塚古墳は約0.6Km、垂水駅から五色塚古墳までは、約1Kmです。道は、垂水駅からの方が判りやすいです。

「てくてく」終ります。
画像


コース
JR・舞子駅前・舞子テラス13:25☛舞子公園東交差点13:30☛旧木下家住宅・往復☛舞子公園東交差点13:50☛霞ケ丘南交差点13:55☛五色塚古墳14:10=14:35☛ JR・垂水駅14:50

コース距離  約2.4Km
てくてく距離 約4.2Km

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
チョット早いから
五色塚古墳ですか?
スゴイ見応えのあるところが
イロイロあるのですね。
方墳の埴輪列と円墳を上り詰めると
埴輪ごしに明石海峡大橋ですか
ナンテいい景色でしょう??
あ〜〜引っ越したくなりました
asakun
2013/09/25 12:26
asakunさん
いつも有難うございます。
まあ、アッチコッチ探せば、好き嫌いは別として、色々あります。
五色塚の上にいると、古代の王になった気分になります。
馬鹿と煙は・・・の類でして
たまに行くから良いんだと思いますよ。
住めば都で・・・てくてく歩いて、良い所見つけて下さい。
                  てくてく
てくてく
2013/09/25 13:59
てくてくさん、10月10日にいく五色塚古墳。たっぷり情報をありがとうございます。参考にいたします。
のぶちゃん
2013/09/25 21:33
のぶちゃんさま
いつも有難うございます。
行かれる前に、余分な写真載せちゃいまして、済みません。
見なかった事にして、楽しんで来て下さい。晴れるといいですね。
                   てくてく
てくてく
2013/09/26 08:28
この五色塚古墳はJRに乗っていると山側に見えるので、かなり昔から行こうと思っていました。
訪問はブログを始める以前の4年前。
保存している日記を調べると、2009年1月でした。
塩屋から異人館巡りをして、古墳に立ち寄った後、明石海峡大橋〜舞子駅がゴールの短い距離です

4年振りに、懐かしく拝見しました。
古墳の上に沢山置かれている埴輪はレプリカですが、管理棟で出土品が撮影できるのがいいですね。

建物が少し邪魔ですが、古墳の上に立つと明石大橋の全景を眺められるのもいいです。

神戸市内の西国街道完歩お疲れさまでした
私の知らない、色んな物を見せて頂きました
これから歩きやすくなります。
明石から西に向かって、更に頑張って下さい
アルクノ
2013/09/26 12:05
五色塚古墳って知りませんでした。
四世紀の終わり頃に、そんな大きな勢力の豪族が、この辺りにいらっしゃったんですね。
古墳の大きさと出土品が物語ってます。
それに、ナイスロケーションの所。
これは行きたくなります。
こんなに埴輪で飾られているなんて…
埴輪越の明石大橋、淡路島、紀淡海峡…
こんな写真撮りたいです。
それに、ひょっとししたら、360℃のパノラマですか?
yoppy702
2013/09/26 12:15
アルクノさま
いつも有難うございます。
電車からは近くに見える五色塚ですが、いざ行くとなるとチョット不便で、なかなか足が向きません。前回、行ったのは何時だったか記憶にありません。
周囲ものすごい住宅の密集地で、吃驚しました。海の方が見えるのが救いですね。
気候も良くなりました。「古代の道」と云う本を仕入れましたので、この本を参考にして道筋を決め、歩きたいと思っています。
                  てくてく
てくてく
2013/09/26 20:20
yoppyさん
いつも有難うございます。

そうですねえ、昔から豪族がいたんですね。ヒョットして、海賊だったかも・・・
発掘調査の写真を見ると、瀬戸内海を見下ろす立派な古墳だった事が、よく判ります。

yoppyさんの優れた感性で、是非、陵と埴輪と海をテーマに写して見て下さい。そして、ブログで掲載して頂くと嬉しいです。五色塚のPRにご協力お願いします。

古墳の周囲は、住宅で囲まれていますので、パノラマには向きません。いいとこ撮りです。
                   てくてく

てくてく
2013/09/26 20:44
神戸 史跡・五色塚古墳 てくてくにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる